基礎代謝を上げてより痩せやすく!具体的な上げ方は?

基礎代謝 上げる 方法

ダイエットのことを少しでも勉強したことがある人は【基礎代謝】という言葉を見たことがありませんか?

基礎代謝は高い方がいい、基礎代謝を上げようなんて見たことがあるかもしれませんが実際に基礎代謝とはなんだろうと疑問に思っていませんか?

基礎代謝が痩せやすくなる効果と具体的に上げる方法についてまとめましたので参考にしてください。

基礎代謝とは?

基礎代謝

基礎代謝量とは厚生労働省の情報提供によると以下になります。

基礎代謝量とは、

心身共に安静な状態の時に生命維持のために消費される必要最小限のエネルギー代謝量。

わかりやすくいうと、何もしないでじっとしているときでも生命活動を維持するために消費されるエネルギー量(消費カロリー)のことです。

この基礎代謝量が大きければ何もしなくても消費カロリーが多くなります。逆に基礎代謝量が低いと消費カロリーは低くなります

生きていくために心臓を動かしたり、呼吸をするために必要な活動が基礎代謝なんです。

基礎代謝は年齢とともに低下する

日本人の基礎代謝基準値【厚生労働省】

基礎代謝量は年齢を重ねるたびに低下していきます。これは赤ちゃんの体の大きさと成人の体の大きさでは筋肉や脂肪の割合が違うためどうしても差が出てきます。

平均的な基礎代謝量は以下の表を参考にしてください。

男性 女性
18~29歳 1,550kcal 1,210kcal
30~49歳 1,500kcal 1,170kcal
50~69歳 1,350kcal 1,110kcal
70歳以上 1,220kcal 1,010kcal

これらのことからわかるのが年齢を重ねるごとにどんどんと基礎代謝が低下する、すなわち痩せにくく、太りやすくなるということです。

20代と30代では基礎代謝量が違うので食事内容がかわらないままだとどんどん太りやすくなってしまうということがこれからもわかりますよね。

かなしいかなこれはどうしても避けようがありません(涙)

基礎代謝は上げられる!

基礎代謝 上げる

何もしないで年齢を重ねていくと基礎代謝が低下していくことはお話ししましたが、努力次第で基礎代謝を上げる方法はあります。

基礎代謝を上げることができれば痩せやすくなるということはここまでのお話で分かっていただけたと思いますが、ここからは基礎代謝を上げる方法について説明します。

基礎代謝を上げることで得られるメリットは、

  • 消費カロリーが増えるため痩せやすくなる。
  • 体温が上昇し、血流が良くなるためむくみ予防、冷え性改善になる。
  • 血行が良くなると細胞の再生が活性化し肌や皮膚の再生効果が得られる。

これらのメリットは女性だけでなく、男性にも嬉しい効果があります。とくにむくみや冷え性は男性でも増加傾向にあり、体の中に水分を貯めやすくなるため水太り傾向を予防することもできます。

基礎代謝を上げる方法として大きく分けると運動で上げる方法と食事内容で上げる方法がありそれぞれについて解説していきます。

運動で基礎代謝を上げる方法

基礎代謝 上げる 運動

運動で基礎代謝を上げる方法をイメージすると知識のある方なら「筋トレ」と思うかもしれませんがこれは半分正解で半分間違いです。

確かに筋トレで筋肉を増やすことができれば基礎代謝は格段に上がりますが、筋肉を増やすというのはかなり大変です。

そこでおすすめなのがランニングです。ランニングで筋肉がムキムキになることは絶対ありえませんが、インナーマッスルを強くすることができます

インナーマッスルは鍛えられてもマッチョのように見えるムキムキの筋肉ではないため発達しても目立ちませんので女性でも安心です。ランニングによって自然とインナーマッスルが鍛えられているため現在走っている方であれば続けていくことが大事です。

またこれから始めたいと思うのであればゆっくりから始めてみませんか?

■関連記事 ランニング初心者はまず歩くことから始めましょう。

基礎代謝を上げる食品は?

基礎代謝 食品

基礎代謝を上げる食品として有名なものが血行を促進してくれる食べ物です。

特にキムチやチゲなどの韓国料理は汗もいっぱいでますし、ヘルシーなので効果的です。

またショウガも同様に血行を促進してくれるためおすすめです。

基本的に食品はバランスを良く摂ることが基本ですが、肉類、魚類、野菜とそれぞれ合わせたうえでトウガラシやショウガなどをアレンジした料理であれば食べて栄養補給をしながら基礎代謝を上げることができます。

ただし、ダイエットにばかり注目して食事抜きなどを行うのは基礎代謝を上げる点においてはおすすめできません

なぜなら基礎代謝は食事の栄養を体内に吸収する際にでる体熱からなるため、食事をとっていないとこの熱を出すことができません。

だから断食などは逆効果になってしまうため注意してくださいね。

漢方薬で基礎代謝を上げる

漢方薬でも基礎代謝を上げられるものがあります。すなわち漢方薬を飲むだけで効果が得られるやすいということです。

それは病院でも処方される防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)という漢方薬です。防風通聖散はもともと代謝を高める作用があり、便通を良くしたり、身体のなかの水分を効率よく外に出してむくみを摂る効果があり使われてきました

防風通聖散を使うことで基礎代謝がアップするということです。

病院でも医師の診断があれば処方してもらえますが、診察料や処方箋料それに受診のための時間を考えると調剤薬局が販売している生漢煎【防風通聖散】が手軽です。

基礎代謝をアップさせたい方にオススメする理由が調剤薬局で販売されているものだから正真正銘の漢方薬であることと、満量処方といって防風通聖散エキスが全量配合されているからです。

注意してほしいのが安い漢方薬では名前の通り成分が半分の半量処方というものもありますので購入を考えている場合は注意してくださいね。

当サイト管理人が夫婦で生漢煎【防風通聖散】をレビューしてみましたので気になる方は参考にしてください。

若い時はどれだけ食べても太らない!というのが自慢でもアラフォーになるとそういうわけにはいかないですよね。気付けばおなかがどんどん出て...

まとめ

基礎代謝は生きていくために消費されるエネルギー量でこれが高ければ高いほど痩せやすいからだと言えます。

ただし年齢を重ねるごとに少しずつ落ちてきて「若い頃のように痩せない」原因になってきます。

出来る限り基礎代謝を高める、上げる方法について紹介しましたので上げてみたい!と思う方はやれることから始めてみましょう!

スポンサーリンク
レク大
レク大
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レク大