ランニングで腰痛になる原因と痛くなったら走らないほうがいい?

ランニング 腰痛 休む

ランニング中や走った後に急に腰が痛くなって……という方がけっこう多いです。

特に腰を使うようなことはしていないのに腰痛になるその原因と、腰が痛くなったら完全に休養した方がいいのかについてお話しします。

ランニングでなぜ腰痛になるのか?原因は?

腰が痛くなる原因は様々ですが、ランニング中に痛くなった場合にはいくつか考えられる原因があります。

走るからだが出来ていない

ランニングをはじめてまだ間もない時期に腰を痛める方に多いのがまだまだ走るために動かす筋力や動きが未熟だということです。

走っているときは足がメインに動いていると思っている方が多いと思いますが、実は腰は上下に常に動いているので思っている以上に腰に負担がかかります。

これが原因で腰を痛めやすい方は走りだして間もない時期から頑張ってしまう方に多いです。人それぞれ体力は違いますからそれなりに走れる方もいるとは思います。そういう方が頑張りすぎることで腰に負担をかけて痛い思いをする場合があります。

もともと腰痛もちである

すでに腰痛を抱えていたリ、腰を痛めやすい方が走ることで腰をさらに痛めることも多々あります。

その理由としてはランニングは上半身の姿勢をキープするために腰回りの筋肉や骨格に負担や力をかけやすいです。走っているときは気づかなくても走り終わって緊張が解けた後に痛みを感じることがあります。

もともと腰痛もちの方の場合は日頃から腰が痛い時の対処法がそれぞれあると思います、

なかなか腰痛は改善しないので自分に合った対処法で痛みを取りましょう。

走る姿勢が悪い

走るときのランニングフォーム、姿勢が原因で腰を痛めることもよくあります。

例えばランニングの教本などでは「胸を張るようなフォームで」などと書かれており、そのような姿勢は腰に重心がかかるため結果的に腰を痛める原因になります。

またフォームがまとまっていないとペースを上げるときや下り坂を走るときに前傾姿勢になりやすくその状態が長く続くと戻した時に腰の痛みを感じるはずです。

ランニングフォームの基本はあなた自身が走りやすい姿勢ですが、だからと言って極端な姿勢では腰や背筋に影響があるため注意が必要で見直していく必要があります。

腰が痛いときはランニングを休むべき?

歩けない、または生活できないほどの腰の痛みであればランニングは休むべきだと言えますが、そこまでひどくないという場合は有酸素運動としてのウォーキングから再開してもいいでしょう。

なぜなら腰痛はそう簡単に治りません。現代病とまで言われている腰痛ですから完全に治ること自体が難しいと思います。

だから生活に支障のない痛みの腰痛であればゆっくりウォーキングをしてもいいでしょう。

痛みが取れるまでの間に休んでしまうとダイエットが進まなくなったり、太ってしまったりする可能性もあります。また有酸素運動に対するやる気もなくなってしまいます。

だから無理のない程度やスピードで有酸素運動にできるだけはやく復帰するようにしましょう。

まとめ

ランニングで腰痛になりやすい原因をまとめました。

基本的に腰が痛くてどうしようもない状態であれば休むことをオススメしますが、そこまで痛みがない場合はウォーキングなどで有酸素運動、ダイエットを再開するべきです。

お腹の脂肪なども腰痛の原因になりかねないので走れなくても軽めの運動は続けていきましょう。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク
レク大
レク大
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レク大