内臓脂肪を減らすためにランニングの効果が絶大な理由

manpuku_geppu

「最近太ってきて・・」なんておもいつつもそのままにしておいた結果、知り合いから「太った?」って言われたり、会社の健康診断などで肥満と指摘を受けて焦ってたりしませんか?

お腹についた脂肪や内臓脂肪というのはなかなか手ごわいのです。脂肪がつくのは簡単だけど、とっても落ちにくいですよね。

でもランニングやウォーキングを行うことで内臓脂肪や体脂肪を落としやすくなるのです。

なぜ脂肪が落ちやすくなるのか、その理由についてお話します。

気になる方は実践してみましょう。

体脂肪、内臓脂肪が減るしくみ

体脂肪、内臓脂肪というのは今までの食生活や生活習慣のツケともいえます。

きっちりと節制できた人は困ることはありませんが、甘いものや脂っこいものをたくさん食べてきた人はどんどん体脂肪が増えています。

ところであなたは自分の体脂肪率が良いのか、悪いのかというのを知っていますか?

年齢別、男女別の体脂肪率の平均をまとめたので一度チェックしてみてください。

体脂肪ってくわしいことは分からないけど、太っているか太っていないかの基準になりそうだから気になる。 だけど実際のところ体脂肪っ...

人間は基礎代謝量というものがあります、ご存知でしょうか?

これは年齢や体系や生活方法によって各個人によって違います。年齢や身長などで簡単に決まるものではありませんので注意して下さい。

ダイエットのことを少しでも勉強したことがある人は【基礎代謝】という言葉を見たことがありませんか? 基礎代謝は高い方がい...

体脂肪や内臓脂肪というのはこの基礎代謝量が関係しており、1日のあなたが摂った栄養から基礎代謝量を引いた場合に基礎代謝量の方が多い場合に体脂肪や内臓脂肪を燃やして栄養を補います

よって1日の食事などからの栄養摂取量が基礎代謝量より多い場合は太ってしまうということです。

簡単に説明をすると、

1日の栄養摂取量>基礎代謝量:太る!

1日の栄養摂取量<基礎代謝量:痩せる!(体脂肪、内臓脂肪が燃える)

ということになります。

簡単なことなんですけど実際に苦労している人が多いんですよね。

もちろん過去の私もそうでした。

ランニングが体脂肪、脂肪燃焼に効果が高い理由

ランニングなどの有酸素運動で消費されるエネルギーは糖分と脂肪です。

これらが消費する事でランニングやウォーキングができるのです。

言い換えるなら、身体を動かすために必要なエネルギーなんですね。

有酸素運動ではまず直前に摂った糖分からエネルギーとして利用しようとします。

そして糖分がなくなった頃に体脂肪、内臓脂肪をエネルギーとして変換してあなたが運動を行えているのです。

一般的にこの切り替わりの時間に20分を必要とします。

ですので有酸素運動で脂肪が燃えるなどの効果があらわれるのが20分必要と言うんですね。

20分走り出すと糖分がエネルギーとして消費されて、あとは脂肪がどんどん燃えていきます。

しかも有酸素運動の場合はランニング終了後もジワジワと脂肪が燃えて行くのです。

またランニングを行うことで筋肉が発達したり、ランニングフォームを維持するための腹筋や背筋に少しずつ筋肉もついてきます。

これらの筋肉がつくことで基礎代謝量がアップしていきますのでより痩せやすいカラダに変化していくのです。

だから運動をしながら筋トレをしていくというのも基礎代謝量を増やすのに効果的です。

ランニングの場合は見た目的な筋肉よりも、インナーマッスルと言って体のバランスがよくなる小さい筋肉が発達してきます

出来ることなら効率よく体脂肪や、内臓脂肪をおとしていきたいですよね。

そのための方法、またはコツを私の経験から紹介しましょう。

朝にランニングをすると痩せやすい!

そこでまずオススメなのが朝に走ること。

なぜ朝なのか、というと先ほど説明しましたがランニングを始めて脂肪が燃え出すまでに直前に摂った糖分を先に消費してその後に脂肪が燃えて行くのです。

よって朝起きた後は糖分を摂っていない状態なので比較的早い段階で脂肪が燃え出すのです。

そして運動後の脂肪燃焼効果がジワジワと続いていくので燃えている時間がながく効率がいいのです。

■関連記事

どうせ走るなら脂肪燃焼効果の高いときやダイエット効率が良い時を狙いたいですよね。 実は朝食前に運動をするとダイエットに効果的だ...

ですので朝のランニングは非常にダイエット効果が高いのです。

スロージョギングを取り入れよう!

脂肪燃焼効果にはスロージョギングがオススメです。

■関連記事

スロージョギングをご存知でしょうか? スロージョギングはNHKの「ためしてガッテン」という番組で紹介され人気になったラ...

スロージョギングの簡単な特徴として、

  • 疲れにくい(いくらでもカラダを動かせる)
  • キツくない
  • 長続きできる
  • 無理な運動をしないので急激にお腹がすかない

といったメリットがあります。

ランニングでのダイエットの基本は継続して長い距離を走るということです。

また、ハードな運動ではないので空腹感をそれほど感じないので運動後のドカ食いを防ぐことも出来るのでオススメな方法です。

■関連記事

運動や食事制限のダイエットを頑張って失敗する大きな理由として、食欲を我慢できずに食べすぎてしまう、ダイエットの大敵「過食」と言うもの...

わたしたち人間はひどく疲れたり、しんどいことは長続きしません。

スロージョギングで疲労感があるというのはまだまだペースが速い可能性もあるし、体重が重すぎて疲れやすい可能性もあります。

絶対に全員がすぐに出来るとは言い切れませんが、カラダに優しく初心者の方にも取り入れやすいスロージョギングは続けて行きやすく結果が出やすいのです。

だから焦る気持ちはわかりますが、できることから始めていけば問題はありません。

体脂肪をコントロールする漢方薬を利用する

ランニングでお腹の脂肪を減らす効果が高いということを説明してきました。これに加えて置き換えダイエットや糖質などの食事を制限することでさらに体脂肪を減らすことは可能です。

しかし空腹感が辛かったり、運動は頑張るけど食事は楽しみにしたいと思っていませんか?

体脂肪を減らす方法として注目を集めているのが漢方薬の生漢煎【防風通聖散】(ぼうふうつうしょうさん)です。

実際に管理人夫婦が生漢煎【防風通聖散】を試してみたレビューが以下になりますので興味がある方は参考にしてください。

若い時はどれだけ食べても太らない!というのが自慢でもアラフォーになるとそういうわけにはいかないですよね。気付けばおなかがどんどん出て...

防風通聖散はサプリと違い、病院でも処方される第二類医薬品です。

防風通聖散と聞けば痩せる漢方と聞いたことがある方もいるとは思いますが、その効果として代謝を上げることにより消費カロリーをあげてむくみの原因である水分も取ってくれるので、お腹の皮下脂肪や水太り傾向のある方に効果があります。

病院でももちろん処方されますが、処方条件や医師の判断で必要ではないと判断された時にはもらうことができないことと、通院の時間や医療費を考えると満量処方の【生漢煎 防風痛聖散】が購入しやすくおすすめです。

ランニングも頑張るけど、よりダイエット効率を高めたい、早くお腹をすっきりさせたいという場合には皮下脂肪や内臓脂肪を軽減させることができる【生漢煎 防風痛聖散】をオススメします。

まとめ

体脂肪や内臓脂肪が燃えていくメカニズムを知る事でより効率的なダイエットができる。

ダイエット成功させるコツは続ける事だからしんどいことや辛いことは続かない。

だから初心者や今まで運動した事がない人にとって始めやすいスロージョギングから始めてランニングをしていくことで効果が大きくなり結果的に痩せやすい体になっていく。

運動はしんどいと悩んでいる方にこそスロージョギングを取り入れて欲しいです。

きっと考えかたも変わりますよ。まずは始める事からがんばりましょう!

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク
レク大
レク大
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レク大