冬のランニングの耳の痛みはどうしてなる?その対策法は?

body_mimi

この寒い冬の時期のランニングやウォーキングの辛さの中で1,2を争うのが耳のキーンとする痛みですよね。

この辛い冬の耳の痛みなぜ起こるかご存知ですか?

寒いからだけでなくこの痛みの謎と対策方法についてお話しますのでしっかりと対策しましょう。

なぜ冬に耳が痛くなるの?

冬になると小さい子どもでも大きな大人でも皆さん耳が痛い!って言いますよね。

特にランナーであったり、自転車でサイクリングを楽しんでいる方にとっても辛い季節なんです。

このなぜ耳が痛くなるのかということを知っておけばちょっとしたウォーキングやランニングで一緒に走る人への話題作りにもなります。

その豆知識についてお話しますね。

ヒントは人間のカラダの特性にあり

人間の体というのは本来であれば寒さに強い方ではありません。

むしろ苦手というべきでしょう。

人間は寒さからカラダを守る方法として服を着たりと対策する知恵以外にカラダ自身が熱を外へ出さないようにしようと努力するのです。

カラダの熱を外に出さない方法として、カラダの熱である体温を全身に巡らせている役目をもつ代表的なものが血液です。

その血液が流れる血管をぎゅっと縮めて血液の熱を守ろうとするのです。

ちょっと難しいですね。もう少し続きます。

人間のカラダで一番外の空気に当たりやすい場所といえば顔になりますよね。

カラダは服で守る事が出来ます、頭は髪の毛で守る事ができます。

しかし顔はなかなか守る事はできませんよね。

顔全体にマスクのような仮面のようなものをしないと冷気から守ることはできません。

その中で一番冷たい空気に当たりやすい耳ですが先ほどの寒さから身を守るためにぎゅっとした血管ですがそのままにしてしまうと血の巡りが悪くなってしまいます

血の巡りが悪くなると脳が「カラダが危険だぞ!」と指示を送り、急遽ぎゅっとしていた耳の血管を今度は拡げようとします。

そのときに出てくるのがプロスタグランジンという物質でこれが血管を拡げる役目をもっているのです。

しかしこのプロスタグランジンの悪いところが痛みを発生させるということです。

まとめると、寒い時期はカラダが熱を逃がさないように血管を縮めてしまうが、それだと血の巡りが悪くなってしまう。

結果的にそれだとカラダにとってマズイのでプロスタグランジンという物質がでてきて縮めた血管を拡げてくれる。

だけどこのプロスタグランジンは痛みが出てくるんだよ。

ということでした。

ランニング、ジョギングでの耳を守る対策は耳当てよりニット帽がオススメ

冬で耳が痛くなる理由をお話ししましたがやはり耳は守った方が不快な感じが少なくて済みます。

一般的に冬の耳を守る対策として耳当てがありますが、ランニングやウォーキング中にずれたり、最悪落としてしまう可能性があります。

実際に走っているときに耳当てだけでなくイヤホンなんかもずれてくると不快な感じがしますし、何度も何度もずれてきたりするとそれだけでストレスになりかねません。

ですので特にランニングやウォーキングの場合には耳当てをオススメできません。

はずれない耳当てがあるのなら別ですが難しいでしょう。また汗で耳あてが濡れてしまうと不快感が強くなってしまいますし洗うのも大変です。

そこで運動をする人にオススメするのが冬はニット帽です。

ニット帽ですとずれる心配はありません、また汗をかいても簡単に洗濯ができますので不快感がありません。

ウォーキングやランニングでは出来るだけ持ち物は軽いほうがいいですのでニット帽だと耳当てに比べて重さもないのでいいです。

そのようなことから冬のランニング、ウォーキングの防寒対策の一つとしてニット帽をオススメします。

【Hi-Hi-World】 ニット帽 シルエットがきれい メンズ レディース ニットキャップ スノボ などにも (1.ブラック)
by カエレバ

まとめ

冬の季節のキーンとした耳の痛さ、これはカラダの防御反応から生まれてくるものでした。

寒いランニングやウォーキングの時に一緒に走ってくれる人がいるときなどに会話のネタとしてお話しするのもいいですね。

会話をすることでカラダも温もりますし、姿勢もよくなります。

また寒い時期の耳を守るためのアイテムとして耳当てよりニット帽をオススメしました。

ずれない、軽い、洗えるこれは大きなニット帽のメリットだと私は思います。

もちろん私もランニング時に愛用してます。耳の痛みに我慢しながら走るのであれば一度試してみてください。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク
レク大
レク大
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レク大