同じ有酸素運動でも冬の方が効果が高くて痩せやすいって本当?

winter_snowman

ランニングやウォーキングに代表される有酸素運動。

有酸素運動はダイエットに効果的で私も実践していますし、いろいろなダイエット方法の中でも人気です。

この有酸素運動ですが季節によりさらに効果が高まることが最近になってわかったのです。

つまり寒いけど冬に頑張った方が痩せやすいということになります。

冬の有酸素運動がより効果が高い理由

有酸素運動はゆっくり長く行うことでより効果を発揮し、ダイエットの目的であるカロリー消費に効果がとても高い運動です。

その他のダイエットとして知られる食事制限などは、しっかりとした知識がないと筋肉まで痩せてしまったりといままでのボディーバランスが崩れたり、筋肉が減って代謝が悪くなる可能性があり、綺麗にやせていく事が難しいのです。

また食事で制限は空腹感も強く、我慢というストレスも大きいためすべての方にオススメできるものではありません。

ランニングはコツコツとマイペースにやっていくことで確実に痩せる有酸素運動です。 それに加えて、ここ最近で注目を集めている糖質制...

ランニングやウォーキングに代表される効率のよいダイエットである有酸素運動ですが、実は冬になると効果が上がるのをご存知ですか?

なぜ冬に有酸素運動の効果が高くなるのかを説明しましょう。

夏に有酸素運動をした場合ですと、カロリーの消費はあなたの体重×実際に走った距離が一般的に消費カロリーと呼ばれます。

夏の場合ですと、この消費カロリー意外に汗がたくさん出て体質や走る距離にもよりますが2kg前後一気に汗としてでていくため体重が落ちる場合があるのです。

また吐く息からも水分が出ていくので運動による体重減少が意外に大きいのがこの理由です。

ただしこの汗として減った体重はお水を飲んだりすると元に戻ってしまいますが、デトックスという意味ではカラダへのよい影響であると言えます。

寒い冬は体温を上げるためにカロリーを消費する

次に、冬の有酸素運動ですが冬といえばとても寒く体温が低い状態になっていますよね。

カラダは体温が低い場合に脳に「もっと体温を上げるんだ」と脳に命令を出します。

その指示を受けた脳は体中の筋肉に熱を出すように指示をだします。

この指示を受けた筋肉は筋肉をこわばらせて熱を上げるのです。

寒いときにブルブルってカラダが震えませんか?じつはその動きが体温を上げようと筋肉を動かしているのです。

このような筋肉を震えさせる運動は基礎代謝以外で多くのカロリーを消費してくれます

だから冬の寒い日のランニングやウォーキングなどでは有酸素運動以外の消費カロリーとして体温を上げるための消費カロリーが得られるため効率がいいのです。

何も特別な事はしていないのに冬に有酸素運動をするだけでたくさんカロリーを消費するってなんか得した気分だと思いませんか?

冬の方がダイエット効率が良いけど薄着はよくない

たしかに冬は寒さから体温を上げるためにカラダが多くのカロリーを消費して体温を上げるという仕組みをお話ししました。

しかしだからといってずっと薄着のままでいたり無理してまで寒い場所に居つづけるようなことはやめてくださいね。

寒い場所に居続ける事で体調も崩し兼ねないですし、体調を崩すことで運動が出来なくなりますのでトータル的に考えて無理はやめたほうがいいです。

寒い冬でも運動を続けられる工夫をすることでより多く痩せるきっかけになります。

(モンベル)mont-bell ウインドブラスト パーカ Men’s 1103242 ネイビー/バーントオレンジ(NV/BO) M
by カエレバ

まとめ

人間のカラダの特性として冬は冷えて下がった体温を上げようと頑張るため運動以上のカロリーを消費してくれる。

よって同じ運動でも冬の方がカロリー消費が高く、有酸素運動も行うことで効果的になる。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク
レク大
レク大
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レク大