花粉症の季節になると走れない?

mask_woman

ムズムズする花粉症って嫌ですよね。

花粉は自然のものとはいえしょうがないと言えばそうですが花粉症持ちの方にとってはとっては本当につらい時期でもあります。

そんな花粉症持ちの方はその季節になるとランニングやウォーキングができないのでしょうか?他の方や私も花粉症もちですので経験や対策などを記事にしてみました。

花粉症の季節について

花粉症と言えどもいろんな花粉があり、またその人によってアレルギー反応のある花粉が違うので一概に言えません。

実際に調べてみると驚くことにほぼ1年中なんらかのアレルギー反応を起こす花粉が飛び散っているようです。

■関連記事 【画像あり】ランニングコースにあったら注意の花粉症に影響のある植物一覧

これは花粉症の私もびっくりしました。思っているよりも身近すぎる花粉。しかも活動期ってかなり広範囲なんですね。

ランニングでの花粉症のある方の対策とは?

実際に1年中花粉が飛んでいると言ってもどの花粉があなたにアレルギー反応を起こすのかハッキリとわかりませんよね。

しかもせっかく健康作りやダイエットにランニングを選んだのに花粉のせいでやめるというのもちょっと悔しいと思います。

そこで他の花粉症持ちのランナーもやっている対策を紹介しますので参考にしてみてください。

花粉ゴーグルを着用する

ランニング用のスポーツサングラスや花粉専用のゴーグルでもランニング対応のものがあります。

ランニング中には目に花粉が入りやすいので花粉が入る所として目をガードしておくことは大切なことだといえます。

花粉は目の粘膜に触れることで痒みを発生させるため、ゴーグルでしっかりと保護してランニング後には目を洗うようにすれば随分と楽になります。

ランニング中もマスクを着用する

例えば、あなたがスギ花粉でアレルギーに弱いと自覚がある場合は、その時期にはマスクをしながらランニングすることをおすすめします。

実際に日本人でスギ花粉が苦手な方は多く、スギ花粉の多い1月から6月にかけては実際にマスクをしているランナーも多いです。

さらにこの時期は空気も乾燥していますのでマスクをしてランニングすることで喉が乾燥することも防げ若干の加湿効果もありますので喉が弱い方にも効果的です。

私もスギ花粉なのでこの時期はマスクをしながら走っています。

マスクは邪魔のようですが、冬の季節はのどや気管が冷えないので意外に便利です、実際にマスクをして走っているランナーも多いので恥ずかしさはありません。

花粉のつきにくいランニングウェアを着る

外のランニング中に花粉と接触するのは避けられませんが、出来るだけ自宅に花粉を入れたくないですよね。

花粉は繊維の細かい記事に密着してしまうので普通の生地のランニングウェアでは花粉を持ち込んでしまうのです。

そこでオススメしたいのはウィンドブレーカーです。

ウィンドブレーカーはビニール素材ですので花粉がついても払うだけで落ちるそうです。

しかも寒い時期ですと風除け対策にもなりますので暖かく走ることができますね。

ランニング後はすぐにシャワーとうがいをする

ランニングシャツについた花粉は払うことで落とせますが、髪の毛などについた花粉はなかなか落としにくいです。

そのようななかなか落ちない花粉はランニング後にすぐにシャワーをして落としましょう。

またうがいをしっかりと行うことで喉周りの不快な症状が起こりにくくなります

鼻の中を洗う、鼻うがいをするべきか相談を受けることもありますが、水道水で鼻うがいをした場合、痛みが出る可能性が高いためあまりしないほうがいいかと私は思います。

慣れている方やどうしてもという方の場合は自己責任でお願いします。

花粉の時期はしっかりとお薬を飲む

花粉の時期を不快な思いをしたくない方は病院で花粉症用のアレルギー対策のお薬を飲まれることをおすすめします。

アレルギーのお薬は眠気が出てくるものもありますが、今の新しいお薬は眠気が出にくいものもありますので一度お医者さんに相談してみてはいかがでしょう。

ちなみに私は花粉シーズンだけ、アレルギーのお薬をもらって飲んでいます。

お薬をのむことで花粉に対する耐性ができますのであまり神経質にならなくて済むという大きなメリットがあります。

花粉症の場合ですと内科でも診てもらえますが専門は耳鼻科ですので近隣にありましたら受診されるのもいいかもしれません。

ただしこの花粉の季節は耳鼻科がものすごく混んでいるので、お薬だけの必要な場合は内科に通院して、できるだけ眠気がないお薬がほしいと医者に伝えましょう。

まとめ

これから花粉症の代表的なスギ花粉がやってきます。

花粉症は国民病とも呼ばれるようにかかっている人が多いのです。

たしかに花粉症は外に出ることでもらってしまいますが適切な準備をしておくことで花粉を吸い込んでしまうリスクは随分と減るのではないでしょうか?

せっかく健康作りやダイエットでランニングを行っているのですから花粉症だからやめようなんてことはしたくないですよね。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク
レク大
レク大
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レク大