あなたにとって良いランニングコースの見つけ方

michi_mayou

あなたのランニングコースは決まっていますか?

特に決まっていない…またはどういうところがいいかな?なんて悩んでいる方はいませんか?

今回はランニングコースの見つけ方についてお話します。きっとあなたにとっていいランニングコースを見つけることができますよ。

ランニングコースは大きく分けて2種類あります

ランニングコースと言えば大きくわけて2種類あります。

  • 周回型コース
  • Uターン型コース

まずはこの2つに絞って考えてみましょう。

ランニングコースでの周回型コースについて

周回型コースとは公園などのようなぐるーっと1周するコースのことをいいます。

東京のランニングスポットで人気の「皇居コース」や学生の時の運動場そして陸上競技で使うトラックコースがイメージしやすいですね。

周回型コースでランニングをするメリットとして

  • 車などのに遭遇する機会が少なく走りやすい
  • 公園などであれば見つけやすい
  • 公園などの人気コースであれば人が多い
  • 1周のkmを知ることでおおよそどれぐらい走ったかわかる

周回型コースでランニングをするデメリットとして

  • コースに慣れるとランニングに飽きやすい
  • 顔見知りが出来るかもしれないが、付き合いが苦手な方は集中できないかもしれない

などがあります。

周回型コースの特徴は、公園など比較的近くにあり見つけやすいということ。

広い公園などであればランニングコースとして走りやすいということです。

信号待ちなどでランニングが止まってしまうと、仕方がないとはいえ結構ストレスになってしまうんですよね。

もし走っていて飽きてしまいそうだったらいつもとは反対方向に走ることで景色も違ってみえますし、なんとなく気分も変わった感じになりますね。

ランニングコースでのUターン型コースについて

Uターン型コースとはある程度の距離を走ったらUターンをして同じコースを戻ってくるコースをいいます。

Uターン型コースのイメージとしては自宅から2km先のバス停までや次の駅までなど目標を見つけて走りにいく方法です。

Uターン型コースでランニングするメリットとして

  • 距離や時間でUターンするポイントを決められるので時間がない方に便利
  • ある程度慣れてきたら距離や時間の延長をしやすい
  • 国道などの1本道であればあるほどコース設定をしやすい

Uターン型コースでランニングするデメリットとして

  • 特にデメリットはないが始めのうちはコースの下調べも必要

Uターン型コースも便利です。30分走ってUターンして30分走れば戻れますので時間管理をはっきりとさせやすいです。

しかも案外真っ直ぐの道などは見つけやすいので地図アプリを使えば意外に簡単に発見できます。

そういう場合はコース上にコンビニや自動販売機があれば急に水分補給をしたくなった場合にも安心してできるのでいいですね。

まとめ

ランニングコースとして周回型コースとUターン型コースについて紹介しました。

正直どちらも便利で見つけやすいので散歩がてら色々と歩いてみて探すのもいいでしょう。

ランニングは継続性が一番です、継続することでどんどん走れる距離も伸びますし体脂肪も燃えてカラダもスリムになります。

だから継続させるためにもあなたにとって良いコースを見つけることをオススメします。

ちなみに私はUターン型コースでランニングをしていますが、やっぱり飽きてしまうので周回型コースとして公園で走ることもありますよ。

ひとつのコースで走るというのもホームグランド的でいいことですが、いつかは飽きが来ます。

だから、複数のランニングコースがあれば、気分転換でランニングコースを変えることもできます。

いくつもという選択は難しいかもしれませんが、2つぐらいランニングコースがあれば便利ですね。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク
レク大
レク大
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レク大