ランニングの痛い耳対策にニット帽をオススメする3つの理由

knitcap_girl

ダイエットのためとはいえ、この寒い時期のランニングって本当に辛いですよね。

その中でも冬の寒い時期のランニングで一番堪えるのが耳の痛さです。

その耳の痛さを対策する方法としてニット帽を紹介します。なぜニット帽がおすすめなのかその理由についてお話しますね。

冬のランニングの辛い耳の痛みをどうにかしたい!

以前の私の記事でなぜ冬のランニングで耳が痛くなるかお話しました。

そしてそこでも耳の痛みの対策としてニット帽を紹介しましたね。

関連記事

冬のランニングの耳の痛みはどうしてなる?その対策法は?

ランニンググッズはたくさんあるのですがなかなか耳を寒さから守ってくれる物は残念ながら少ないのが現状です。

ランニングという運動の特性上、よくある耳当てというのは振動で外れてしまったり、ずれて落としてしまったりと運動に適していないんですよね。

たしかにファッションアイテムですもんね。

そこで他のランナーを観察してもニット帽愛用者が本当に多いんですよね。

なぜそこまでオススメするのか、その理由についてお話します。

ランニングで耳が痛くならないために耳を保護できる

ランニングで耳が痛くなる原因の一つに耳が冷たい外気に触れてしまうということです。

この外気との接触を防ぐことが出来るのであれば耳が痛くなりにくいということになります。

ランニング用のニット帽も深めのものが多いのですっぽりと耳を隠すことができます。

また耳を隠してしまうと外の音が聞こえにくくなってしまいますがランニング用は分厚くは無いので音がシャットアウトされるということにはなりません。

ですので安心して耳まで隠すことができます。

洗濯できる素材なので毎日でも使える。

ニット帽はオシャレなものだとウール製品の物が多いので、ランニングで汗をかいた場合には洗濯にも気を使ってしまいますよね。

スポーツメーカー製のニット帽ならばコットンやアクリル素材がメインですので汗をたくさんかいても毎日洗うことが出来ます

ランニングもやりだすとどんどん走りたくなってしまうのでニット帽が洗濯できていないから今日は走るのをどうしようなんて迷わずに済みます。

毎日気持ち良くランニングして痩せたいですよね。

ランニングアイテムならではの機能が便利

オシャレで使うニット帽とスポーツ用のニット帽の大きな違いは機能性です。

特にランニングの場合は夜に走る事も想定されていますので早朝、夜間のランニングにあったら便利な反射素材も使われているものが多いです。

早朝や夜間のランニングは気を付けないとあなた自身が気を付けても、他人が気づいてくれない場合もあります。

関連記事

安全に夜のランニングをするための4つの自分で出来ること。

朝や夜のランニングを安全に行うためにはあなた自身で存在をアピールすることが重要です。

気づいてもらえないばかりに他のランナーと接触したり、自転車とぶつかることも多いのです。

そのためにも同じニット帽を選ぶならオシャレ用よりもスポーツ用のものを選んで下さい。

まとめ

ニット帽には寒い冬から耳を守ってくれるだけではなく機能性や毎日使うための便利さなどがあるためとても有用だと言えます。

実際に私もこの寒い時期のランニングにはニット帽が手放せません。

耳が痛いのをなんとかしたいのはもちろんですけど、もう一つの理由として髪型を気にしなくていいということもあります(笑)

寝起きで頭がボサボサだったりするとさすがにランニングといえどもちょっとは気にしちゃいますよね。

またスポーツメーカーのニット帽はオシャレなものが多いのであなたのウェアやランニングシューズに合わせて選ぶのもいいですよね。

ニット帽嫌いの方もいるとは思いますが是非、私はランニングにオススメしたいと思い記事にしました。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク
レク大
レク大
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レク大