低血糖を防ぐ!ランニング中にあると便利な食べ物は?

ランニング中にあると便利な食べ物

ダイエットを目的にランニングやウォーキングをしている方で運動している間は何も持って行かないという方がいてビックリしました。

ダイエットをすることが一番でもランニング中に突然身体に力が入らなくなったり、元気が急になくなったような気がするなんてことはありませんか?

そのような状態になったことがある方は特に要注意、また一度もなった方はたまたまかもしれませんよ。

実はこのような状態はとっても危険なんです。

できるだけこのような状態にならないように糖分を補給できるものを持って行くといいでしょう。

誰でもなる運動中の低血糖について。

低血糖という症状をあなたはご存知でしょうか?

身体の中には必ず糖分が存在しています。

この糖分は日常生活の中で徐々に減って行きます。

本来であれば食事などで補給しますが無理なダイエットなどで血糖が少なくなることで低血糖と呼ばれる症状になりやすいのです。

低血糖になると、冷や汗が出たり、ふらつき、めまい、そしてよほどひどくなると倒れてしまう怖い状態なのです。

この低血糖なんですが良く糖尿病の方がなりやすといいますが、実はこの低血糖はだれにでもなるのです。

だから糖尿病の方だけになる症状ではないのです。

ランニングと低血糖について

以前の記事でも紹介しましたがランニングを行うことで血中の糖を消費することで脂肪の燃焼が開始するということをお話ししました。

関連記事

内臓脂肪を減らすためにランニングの効果が絶大な理由

食事制限よりランニング、ウォーキングが楽に痩せる理由。

ランニングに限らず有酸素運動は、効率的に血液中の糖を消費して体を動かそうとするのです。

しかし人間にとって糖は大事な栄養素の一部です。

身体を動かすにも、脳を動かすのも、呼吸をするのも糖を燃料にして行っているのです、だから低血糖は車で例えるとガス欠のようなものですね。

運動によって糖が一定量まで減ってしまうと、体はこれ以上、糖を減らさないためにも警告をださなければ体を維持できません。

それが低血糖になったときの症状なのです。

ランニングはある程度慣れてくると走る距離もスピードもどんどん伸びてきます。

そうなってくると急にランニング中に力が入らなくなったり、ドンといきなり疲れるような感覚を覚えるのです。

これを専門用語でハンガーノックとも呼ばれています。

マラソン大会中などに35kmの壁と言われていて初心者ランナーがこのあたりで身体の糖を失い走るどころか歩くのもつらくなり失格する方が多いそうです。

その状態になったときにはちょっと危ない状態に近いかもしれません。

低血糖を起こさないようにキャンディーやキャラメルを持って行く。

このような怖い低血糖にならないためにもランニングやウォーキングに行く際はキャンディーやキャラメルなどのちょっと甘い食べ物を持って行きましょう

ここで注意したいのがノンシュガーだと糖類が入っていないので低血糖予防に意味が無いということです。

ダイエットを目標としている場合ですとできれば余分なカロリーは控えたくなるかもしれません、しかし低血糖になってしまい転倒したり、ふらつくことであなたにとって不利益を被るかもしれません。

またキャラメルやキャンディー1~2個分のカロリーですとランニングやウォーキングで簡単に消費が出来ます

ですから気にせず摂取して低血糖予防としていきたいです。

ダイエットを目標としたランニングやウォーキングでは1回や2回頑張ったところですぐには痩せません。

ランニングやウォーキングをあなたが続ける事で確実に消費した分のカロリーが積み重なっていきダイエットが出来るのです。

だからこそ、低血糖でケガをしないように予防も含めてちょっと疲れてきたかな?とあなたが感じたタイミングで口の中にキャラメルや飴を入れるのがいいでしょう。

せっかく頑張ったご褒美に口に入れるのだからお気に入りの飴や美味しいキャラメルを選びましょう!

生キャラメル プレーン(常温タイプ) 72g
by カエレバ

まとめ

実は私がランニング中に急に疲れてしまい、途中から走る元気がなくなってしまったことがあるのです。

そのときに力無く休憩しているとランナーの方が声をかけてくれて事情を説明すると低血糖かも?と飴をいただいたのでした。

私はいままで健康診断で糖尿病と診断されたこともありませんしこのような状態は始めてでした。

いただいた飴を食べてしばらくするとちょっとずつ元気となりまた走ることができたのでした。

そのような経験もあり、以降はキャラメルや飴を常備することになったのです。

ダイエットを続けていくためには色んなトラブルから身を守る必要があります。

あなたがしっかりと知識をつけておくことで急なトラブルにもきっと上手に対処が出来るはずです。逆に私のように変に疲れている人をみかけたら声をかけてあげてください。

今回の記事があなたにとってお役に立てれば嬉しいです。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク
レク大
レク大
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レク大