嫌な事を忘れたい、リラックス効果を高める方法とは

ランニングでよりリラックス効果を高める方法とは

私たちの周りはストレスだらけですよね。

仕事だけでなく家庭に帰ってもストレスから完全に開放されることは難しいと思います。

ストレスは気持ちだけでなく、体にも影響を及ぼします。

ランニングにはストレスを解消したり嫌なことから離れられる効果があります。

ランニング中は不思議と頭が空っぽになれる。

ランニングのイメージと言うと健康作りだったりダイエットをイメージしませんか?

ほとんどの方がこのイメージだと思いますが実はランニング中には不思議と嫌な事を忘れられたりストレスから開放される効果があるのです。

しかも実際に走ってみるとすぐに体感できる結構簡単なことなんですね。

ではなぜそのような効果があるのかお話ししていきますね。

ランニングとエンドルフィンの関係について

エンドルフィンという言葉をご存知でしょうか?

健康番組などで脳細胞の特集なんかでよく登場してくる言葉ですね。

このエンドルフィンと呼ばれる物質は違う呼び名でハッピーホルモンとも呼ばれていて脳内に分泌されることで気分が良くなったり、気分が爽快になる作用があるんです。

ランニングが趣味になっている人のほとんどが「しんどいけど走るのは気持ちいいよ」なんていいませんか?

全く走らない方からすればわけのわからない事かもしれませんが実際にはそうなんです。

実はこのエンドルフィンの作用がランニングで疲れてしまっても爽快感が得られるように作用してくれるのです。

別名このような状態をランナーズハイとも言われていますね。

エンドルフィンの効果は誰にでもある。

エンドルフィンってどうやったら出るの?何キロぐらい走ったらでる?と心配される方がいますが特に条件はないそうです。

副作用のあるお薬とは違って、エンドルフィンは運動しているときに脳内で突然、発生するホルモンですので条件といえばランニングを行うといったところでしょう。

ランニングをすることで健康にもなれてダイエットも出来て、ストレスから開放されるとなるとランニングの効果はとってもあなたにとっていいものだと思いませんか?

人間誰しもストレスや嫌なこと、忘れたいことは必ずあります。

一人で思い悩んでいるとその気持ちはどんどんと大きくなってあなたの心の負担にもなりかねません。

お酒の力を借りる方もいますが、翌日には二日酔いになったりアルコールが抜けてからよりいっそう辛くなったりとオススメできません。

最悪こころの病気になる方もおおげさではなく増加傾向です。

そうならないためにもランニングを利用してストレスから開放するということが大事だと私は思います。

私はランニングを特におすすめしていますが、実際にあなたが夢中になれるものであればなんでもいいと思っています。

エンドルフィンを利用して自分を高める方法についてヒント

エンドルフィンは気分を爽快にしたり嫌なことを忘れさせてくれる効果があります。

実際に走っている方は体感していると思いますが頭の仲が空っぽになったり、集中して走れる事があると思います。

その効果を逆に利用する方法として、集中できない、またはこれから集中しないといけない場合などに予めランニングをするという事をおすすめします。

多少疲労感は残りますがスッと仕事や勉強などに打ち込むことが出来ます。

私もそうですが、仕事にとりかかるまでに時間がかかる場合などはそうのようにエンドルフィンの力を借りるのが効率的ですよね。

まとめ

ランニングにはダイエットや健康作りだけでなくリラックスを高める効果があります。

ただは走っていてもきっと体感はできますが、その効果を知識としてあなたが持っておくことで上手に活用できるはずです。

嫌な事を忘れたい、ストレスから離れたい、またはこれから集中したいというときには是非ランニングを活用してみてください。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク
レク大
レク大
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レク大