ダイエットを邪魔する風邪になりたくないあなたができる基本的な対策方法

ダイエットを邪魔する風邪になりたくないあなたができる基本的な対策方法

ランニングやウォーキングでダイエットや健康作りをしていくには週に数回は定期的にコツコツと走らなければなりません。

誰だって太ることは簡単だけど、念願の痩せるということは本当に難しいですよね。

有酸素運動でコツコツをダイエットを続けていくにためには体調管理も必要です。

だけどどんな季節でも一番の敵は風邪じゃないでしょうか?

今回はこの風邪になりたくないあなたができる対策を紹介します。

ランニングだけじゃなく、大事な予定がある場合など体調を崩したくないあなたのお役に立てる記事です。

外出時は出来るだけマスク

風邪になっている人はマスクをするのがマナーとよく言いますが、実際にはそんなにマスクをしている人はいません。

女性の場合だとマスクをすることでお化粧が少し崩れたり、息苦しいなど様々な理由があると思いますがマスクをしていない人の風邪はもらいたくないですよね。

ですので、外出時はあなたがマスクをして風邪やインフルエンザのウイルスから守りましょう。

このマスクは風邪にならないためや、花粉症など、ランニングやウォーキングをする場合にも有効です。

多少の息苦しさはあると思いますが、メリットは冷たい風を空気の通り道である喉などの気道を保護する効果もあるので感染予防以外にも大きな効果があります。

一度風邪になってしまうと1週間程度は運動が出来ず、日常生活でもしんどい思いをします。

だからこそしっかりマスクをしてあなたから感染予防をしていきましょう。

手洗い、うがいをしっかり行う

基本的なことです、小さいお子さんを持つ方なら「外から帰ったら手洗いと、うがいをしなさいよ」なんて口うるさく言いますよね。

だけど残念ながら大人は手洗い、うがいをしないことが多いのです。

たしかに面倒だし、寒い時期だと冷たくて嫌ですよね。

だけど手洗い、うがいにはしっかりとした効果があります。

手洗い、うがいをすることであなたに得られる効果は、外出時に付着したウイルスまたは細菌を洗い流す効果があります。

それともう一つの効果が外からのウイルスを自宅に持ちこまないということです。

あなたが持ち込んだウイルスであなた以外の家族にも風邪やインフルエンザになってしまったらちょっと困りますよね。

だからこそ、あなたがしっかりと手洗い、うがいをするようにしましょう。

まずは家に持ち込まないことですね。

水分、食事をしっかりと摂る

ランニングやウォーキングでダイエットをしていても食事はしっかりととるべきです。

栄養不足になればなるほど、体の免疫機能が落ちてしまうためどうしてもウイルスに対する抵抗力が弱まってしまい結果的に感染症になってしまうのです。

また冬の寒い時期は暑い夏に比べて喉の渇きも感じにくいため水分の摂取が少なくなってしまいます。

水分を飲むことのメリットは血管や体のなかにたまっている不純物を外に追い出す役目と体温を一定に保つ効果があるんです。

この不純物はウイルスや細菌も含まれるため積極的にお水などを飲んで体の外に出しましょう。

お水を飲む目安は1日に1.5~2リットルが推奨されています。

ランニングやウォーキングでたくさんの汗をかいている人はもっと摂ってもらっても構いません。

私たちのからだの半分以上は水分で出来ています。

それだけ人間には水分が大事なんですよ。

また食事に関してはビタミンAやビタミンCが含まれる果物などが人気ですが、手軽に食べられて栄養豊富なのがゆで卵です。

ゆでたまごは、ビタミンも豊富に含まれていて、たんぱく質もたくさん入っています。

また、ゆで卵1つでも100kcal以下なのでダイエットにも向いています

ゆで卵のメリットは食欲が落ちているときでも手軽に食べられるということですね。

まとめ

風邪のウイルスは外にたくさん蔓延していますが、あなたがしっかりと風邪対策を行う事で感染してしまう可能性はずいぶんと下がります。

健康的に無理なくダイエットをするためには定期的な運動が一番です。

食事制限でつらい思いをするよりもコツコツと運動をしていくことでランニングやウオーキングは確実に痩せていくことが出来ます。

このコツコツを続けるためにも風邪などの感染症にはなりたくないですよね。

それだけ病気になっている間は運動する機会も減ってしまいます。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク
レク大
レク大
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レク大