ランニングの疲れを効果的に取る方法

疲れがとれるウォーキングが大事な理由

ちょっとランニングを頑張りすぎて疲れたり、膝や足首をちょっと痛めてしまったときはどうしても運動を休みがちになってしまいますよね。

そんなときに軽いウォーキングを行うことで、身体の疲れが抜けやすくなって、さらに足に負担をかけないので痛めず有酸素運動を続けることが出来るのをご存知でしょうか。

ではどのようにウォーキングをするのが効果的なのでしょうか、まとめましたので気になる方は参考にしてください。

マラソン選手でも取り入れているレース後のウォーキング

マラソンを走っているプロのランナーやスポーツ選手でもトレーニングの合間にウォーキングを積極的に取り入れています。

なぜウォーキングなのかというと、運動の程よい刺激が体や足に伝わるためケガをしにくいということと、呼吸や筋肉に無理をさせない程度の運動の強さのため無理なく運動効果が得られるからです。

次にウォーキングのメリットについてお話します。

ウォーキングは難しい技術がいらない

ランニングと比べてウォーキングはフォームなどをあまり強く意識しなくていいです。

だからと言ってダラダラと歩くことはウォーキングとしての効果が得られないこともあるそうですが、コツとしては普段歩くスピードよりもやや速く歩くことで効果が高まります。

ただし、足に痛みがある場合や、ランニングで少し筋肉痛がある場合などは無理のないスピードで歩いてください。

身体に無理なく距離を歩くイメージです。

ウォーキングは脂肪燃焼効果がある

ウォーキングもランニング程ではありませんが脂肪燃焼効果があります。

ランニングの場合ですと全身運動になりますが、ウォーキングの場合はおよそ半減だと言われています。ケガをしていたり疲れがあるときには無理をせずウォーキングをする方がいいですね。

また風邪などになっていて体調が戻っていないときのリハビリのつもりで軽めのウォーキングもいいでしょう。

同様にランニングをさぼってしまっていたけど、再び頑張ろうかなというときにも、ランニング前の準備運動のつもりで歩くこともお勧めできます。

何もやらないぐらいならウォーキングで身体を整える。これが大事です。

意外な疲労軽減効果

運動をすれば疲労や疲れが溜まってしまうと思いませんか?

実はウォーキングはゆっくりと歩くことで無理せず体を動かし、ストレッチ効果も高まるため疲労を抜く効果があります。

同じくランニングもゆっくりと走るスロージョギングにも疲労を抜く効果があります。

関連記事

本当にダイエット効果が上がって脂肪が燃えるスロージョギングを取り入れよう。

疲れていると今日はランニングを休もうかなと考えがちですが、ランニングを休み20~30分程度ゆっくりと歩くことで疲れも取れるんですね。

またほどよい刺激も体に入ってくるため、寝入りも良くなって翌日すっきり目覚めることもできますね。

とくに寝る前にお酒を飲んで寝る方の場合は効果的です。

気分転換でストレスから離れる

現代の日本はストレス社会と言われています。

ストレスや悩み事、心配事などはなかなか頭から離れてくれなくてしんどいですよね。

このような不快な感情はどうしても楽しい事をしていても頭の片隅に残っていたりして嫌な気持ちが続きませんか?

ウォーキング中はランニングと同じで運動によるホルモンの分泌によりリラックス効果を高めます。

関連記事

嫌な事を忘れたい、リラックス効果を高める方法とは

またリラックス効果を高めるだけではなく、やや早めのペースでウォーキングすることにより意識が歩くことへ向くため嫌な気持ちから離れることができます。

これらの運動はうつ病や認知症などのメンタルヘルスにおいても臨床結果が得られていますので効果は期待できます。

まとめ

ランニングはウォーキングに比べて運動量も少なく、どちらかと言えば地味に見えるかもしれませんが確実に効果があります。

上記の効果意外に骨粗しょう症の治療や予防にもウォーキングは推奨されています。

ランニングはまだちょっとしんどい、またはそこまで運動が出来るか不安な方にはまずウォーキングから始められることをオススメします。

また現在、ランニングでダイエットを頑張っている方でもちょっと疲れたり、膝がいたいなどで悩んでいるときに軽く歩くことでコツコツと成果が現れます。

ランニングやウォーキングの運動は嘘はつきません、かならず結果が出るので頑張っていきましょう。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク
レク大
レク大
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レク大