ランニング前のストレッチに時間をかけられないけど大丈夫?

準備運動やストレッチに時間をかけたくない

お仕事の都合や家事や育児で忙しい時間の中、頑張って走っていますよね。

プロのマラソン選手のように整った環境の中で運動をしているわけではありませんので例え1分でも時間は惜しくないですか?

それにランニングだけでなく、そのほかいろいろやりたいことありますよね。

実は時間を多く使うランニングやウォーキングをする前によくストレッチをすすめていますが、本当に必要なのかなという疑問がありました。結構時間かかるし。

そこで実際にストレッチは必要なのか?また私がやっている時短ストレッチを紹介しますので参考にしてみてください。

ランニング一般人レベルでストレッチは必要?

運動前にストレッチを薦める理由としてよく挙げられるのがケガの予防ではないでしょうか?

確かにいきなり走り出すと筋肉や関節がこわばった状態だとケガをしやすいかもしれません。

しかし仕事の後や家事をされている方はそれなりに身体を動かしていますし、まったく筋肉や関節を動かしていない訳ではありません。

そこでいつも思っていた疑問、ストレッチは一般人レベルでも本当に必要なんでしょうかということです。

ストレッチなんてやってられない理由

よく本などで紹介されているストレッチというのは、ヨガマットを引いてじっくりと時間をかけて体を伸ばすストレッチが多いですよね。

しかしこれらのストレッチはとても時間がかかってしまいそうです。そこまで時間かけられませんよね。

ストレッチとランニングだけをしていれば問題のない生活でしたら可能かもしれませんが、私たちにはそこまで時間に余裕はないはず。

正直ストレッチをしている間に1kmでも多く歩いたり走れたりしそうだと思いませんか?

私はずっとそう思ってたんですけどね(笑)

実は私はストレッチをしていません。

私は走るまえに実はストレッチをしていません。今では趣味となったフルマラソンに参加するときもストレッチはしません。

その理由としては日常はそれなりに忙しいのでランニングをする時間をとるのも大変です。

仕事だけでなく家庭のこともあるのでゆっくりとした時間を取りづらいのです。

よく、時間は誰しも平等にあって有限である。なんて言葉を聞きますが、本当にそうです。

そうなってしまうとストレッチまで時間を裂くことなんてちょっとどころではなくかなり大変なんです。

その代わりといってはなんですが、ストレッチに代わる運動をしています。

私がやっているストレッチ代わりの運動方法について紹介します。

ランニング前に私がしている運動とは

実際に効果があるのか、そうかは不明ですか私が行っているストレッチに代わる運動について紹介したいと思います。

私は自宅からいつも走っているランニングコースまでゆっくり歩いて10分程度です。

このランニングコースまでの10分の間に歩きながら身体を動かしています

どのような運動をしているのかといいますと、

  • 大股で歩いて股関節周りの柔軟をする。
  • 信号待ちで背伸びをして足首を動かす。
  • 屈伸運動を行い膝の関節を動かす。
  • 肩をグルグルまわして肩甲骨周辺を柔らかくする。

たったこれだけになります。

私たち一般人だとそこまで筋肉や関節を酷使することはないと思うのでじっくり時間をかけたストレッチは不要だと私は思います。

ストレッチには筋肉を伸ばす効果があると思いますが、運動を始めて間もない方は筋肉もかたいでしょうし、逆にやりすぎることで筋肉を痛めないのか疑問です。

実際ランニングやウォーキングを行っていくことで刺激により筋肉にも作用してきます。

私はこれらの運動をランニングするたびに行っていますが特にいままで大きな怪我もしたことはありませんし寒い日でも走る前に行う事で身体が温もってきます

よく肩こりなのか、肩がゴリゴリと音が鳴っているのですがこの肩甲骨の運動をしているせいかすこし音がマシになったような気もします。

大袈裟に外でやっていると他の人の目が気になってちょっと恥ずかしいというのもありますが(笑)

まとめ

プロでもマラソン選手でもない私たち一般人レベルではストレッチは不要です。ストレッチに時間を裂く位なら例え100mでも多く走ったり、歩いたりしませんか?

意識的にランニングやウォーキングを行うことで筋肉への刺激やストレッチ効果は期待できます。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク
レク大
レク大
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レク大