春からのランニングで気をつけたい注意点とは?

春はいつ走るのがオススメ?

春が近づくと今までの寒さが嘘のように暖かな1日があったと思えば急に寒くなることもあってなかなか安定しないなーと思うことがあります。

そんな春の季節ですがいつまでも寒いままではなく暖かな日がそこまできています。では春だと何時ごろ走るのがいいのでしょうか?

春のランニングのポイントって?

春の季節にランニングやウォーキングを楽しみたいあなたにまず知っておいてほしいポイントがあります。

  • 体温調節
  • 花粉症対策

この二つが大きなポイントになります。

ポイントの詳細と対策方法について以下で説明していきます。

春は体温調節に注意

3月頃から4月にかけて寒くなる日もありますが1日、1日少しずつ暖かくなってくるのが春の特徴ですよね。

気を付けてほしいのが気温がまだまだ安定しないということです。先にも触れましたが春はいいペースで暖かくなっても急に冷え込むことがあるのです。

また春一番に代表されるように春は風が強いのが特徴ですね。

気温は上り調子でも風が強くなることで体感で感じる温度はかなり低くなるでしょう。

対策としては気温が上がってきても急に薄着でランニングやウォーキングをするのではなくウィンドブレーカーを準備して風が拭いてもあなたの身体が冷えないようにすることです。

春のランニングの服装やウェアはちょっと難しいかもしれませんがしっかりと準備しましょう。

■関連記事  春にあったランニングウェアを準備しよう

徐々に暖かく少々の風でも寒くないと感じればウィンドブレーカーを卒業してもいいでしょう。

それまでは体温調整のためにも着ておいて下さいね。

花粉症対策をしっかりとする

花粉症は現在掛かっている人も注意が必要ですが、まだ掛かっていない方も安心しない方がいいです。

花粉の型は年々変化しておりその花粉の状態によりいままで花粉症になったことがない人でもかかってしまうアレルギーなのです。

そこであなたは花粉症の原因である植物をご存知でしょうか?

あなたのランニングコースに花粉症の原因植物があるのか、またはないのか知っておくことが大切です。

関連記事で画像付きで花粉症の植物を紹介しています。是非見て下さい。

■関連記事 【画像あり】ランニングコースにあったら注意の花粉症に影響のある植物一覧

花粉症の対策としてはあなたが花粉症の程度がどのあたりか知っておくことが大切です。

すでに花粉症であるなら早めにアレルギーのお薬を飲むことで花粉症を軽減することができます。

また花粉症になった事がない人は安心せずにマスクなどの着用をするべきです。

ランニングが終わったら自宅に入る前にしっかりと花粉を払いましょう、そして自宅に入ってから手洗い、うがいと出来る方は目を洗って置くことをおすすめします。

花粉症にならない、または重症化させないコツは自宅に持ち込まないことと早期の対応が重要です。

これらを守る事でずいぶんと軽減する事が可能なのです。

まとめ

寒い冬をコツコツと頑張ってきた人は体力もついてこれからどんどんと走れることでしょう。

またこれから走る日とはこの走りやすい時期に体力をつけて距離を伸ばしてダイエットしていきましょう。

春は暖かくなり絶好のランニング日よりになると思いますがしっかりとポイントをおさえることでより快適にランニングやウォーキングをしてスッキリ痩せるきっかけになるといえます。

これからの季節頑張っていきましょうね!

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク
レク大
レク大
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レク大