ダイエットと水分の関係

ダイエットと水分の関係

ダイエットの知識がある人と、知識のない人では同じ運動をしても効果がまったく違ってしまうのです。

その効果とはダイエットについても同じです。同じ運動をするのであればよりたくさん痩せる効率的な方法を求めたいですよね。

今回はその効率的なダイエットをしていくために必要な「お水」の役割についてお話していきます。

ダイエットに必要な「水分」は何に影響するのか?

あなたはダイエットや健康作りを目標にランニングを選ばれました。

ダイエットを目標とした方のゴールといえば体脂肪が燃えてすっきりと綺麗に痩せたいということではないでしょうか?

体脂肪は今までの生活で少しずつあなたの身体についてしまい気が付いたときにはお腹周りに脂肪がついたり、足が太くなってしまったりと今までの身体のラインを崩してしまうのです。

できることならこの体脂肪を燃やしてすっきりとしたいですよね。

もし、この体脂肪を燃やすために水分が必要だとすればあなたはどうしますか?

水分は体脂肪燃焼のサイクルに必要だった。

今からあなたの体脂肪を燃やしていくために身体はどのようなものが必要なのかをできるだけわかりやすく説明していきます。

あなたの身体の体脂肪を燃やすために必要な物と言えば実は糖分と水分なのです。

もうすこし詳しく説明すると、体脂肪を燃やすためにはあなたの身体の中にある炭水化物である糖分が燃料になるのです。

そしてその大事な糖類を燃料として燃やすために必要な物が水分になるのです。

だから水分をしっかりととっていないと体脂肪を燃やすのが難しくなります。

もっと簡単にいえば、体脂肪を燃やすには糖分と水分が必要ということです。

ここまでのことを整理すると、ダイエットをしていくためには必要な栄養素が必要と言うことですよね。

だから断食などの無理なダイエットをするよりもランニングやウォーキングで運動をしながら栄養素を取りいれゆっくりと綺麗にやせていく事が大切なのです。

体脂肪を燃やすための水分はどれぐらい必要なの?

一般的に成人の人の場合だと、体重の約60%が水分なのです。

60%といえばかなりの量ですよね、それだけ人間にとって水分は必要なものなのです。

ところでダイエットを目的にランニングやウォーキングといった運動を取り入れる場合どれぐらいの水分を摂るのがいいのでしょう?

実はこれははっきりとした数字や根拠はありませんがあなたの体重の5%の水分を摂る事が望ましいとされています。

具体的にいうと体重60kgの方で約3リットル、体重50kgの方で2.5リットルといったところです。

気を付けてほしいのは例え計算上3リットルとなってもそれ以上の水分を摂っても構いません。

またこの量は1日量です。

水分を摂りすぎても尿などに流れますが、運動などで汗を出して少ないままですと発熱したり、お肌への水分が少なくなり荒れぎみになったりとトラブルが現れやすくなるのです。

これらのことからこの数字はあくまで目安として取り入れてもらうほうがよろしいかと思います。

まとめ

人間の身体の半分以上は水分です。

この水分は脂肪を燃やすために必要な大事なものです。

水分を摂ることを嫌がったり面倒がらずにチョコチョコと少しずつ飲んで行くことで身体に負担をかけることなくダイエットしていく環境づくりが可能なのです。

出来るだけ効率よく痩せたいと思っている方こそこのダイエットと水分の関係をしっかりと理解しておいてください。

もちろん糖類を含む炭水化物も大事ですよ!

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク
レク大
レク大
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レク大