意外に誰も知らない熱中症とランニング中の対策方法について

熱中症にならずに運動するには

熱中症ってココ最近になってよく聞くようになりましたね。

特に夏に聞くイメージがあるけど、そのわりには熱中症がどんな状態になるのかわからなかったりする人がたくさんいると思います。

ランニングやウォーキングできれいにダイエットをしていくためには継続、すなわち続ける事が大事です。

そのためにも外で有酸素運動をするためにも、熱中症について正しい知識をあなたがもって危険な状態にならないようにすることで運動を続けることが出来ます。

そうなると結果的に、ダイエットの成功も近くなってきますよね。

今回はその意外に誰もしらない熱中症についてお話してきます。

知っておくことで外で運動をするあなたが熱中症にならないと思うので、知識の一つとして知っておいて下さい。

熱中症ってどんな状態になる?

具体的にまずいうと、熱中症の怖いところは最悪の場合、意識を失ってしまって倒れてしまうことです。

脅かすようですが、この意識を失う感覚というのは貧血でめまいがおきる状態にも似ています。

また強いムカムカ感である吐き気を催すもともあるのです。

脱水症にも似ていますが重症化しやすい、または危険度が高いのは熱中症であるといえるのです。

熱中症がひどくなると意識を失って倒れてしまいます、その時に頭を地面でぶつけたり、倒れたまま動けなくなると脱水症状になったりと2重、3重で危険な状態が続いてしまいます。

このトラブルの連鎖が怖いのです。

なぜランニング中に熱中症になるのか?

なぜランニング中に熱中症になるのでしょうか?

それは暑い季節などの炎天下のもとで運動をし続ける事であなたの体温が上昇してしまい、うまく熱を下げる事ができずにあなたの身体の中で熱を外に出すことが出来ずにおこるのです。

熱中症はご存知の通り夏に起きやすいです。

夏に運動や仕事を外でしていると汗をいっぱいかいてしまいますよね。

この汗というのは運動などで上がってしまった体温を下げる役割をもっています。

しかし汗を一杯かいて水分が少なくなるともっと汗を出したくても脱水状態になり汗を出すことが出来ません。

そして身体の中の熱を外に出すことができずに熱がこもっている状態になってしまうのです。

これが熱中症になる理由です。

ランニング中に熱中症にならないためには?対策方法は?

熱中症にならないためにはまず熱を溜め込まない工夫が必要ということです。

そのために出来ることとして夏のランニングやウォーキングでは帽子をしっかりかぶり熱をじかに受けないようにすることです。

特にランニング中は日焼け防止のため帽子やサンバイザーを付けて走る方が増えてきましたが、実はこれだけでは熱中症対策は不十分です。

なぜ不十分なのかというと首を熱から守る必要があるのです。

首は神経やせき髄などが密集している地点で、皮膚もそれほど厚くないのが特徴です。

だから、直射日光を首に浴び続けると体温が上昇しやすくなります

これを防ぐためには首に日光を当てない、または冷やす工夫が必要になってきます。

その中でもランナーに人気なのは以下のタイプの商品になります。

ネックシェードといって首を保護するという意味でこのように単品で売られているものもあれば、ランニングキャップとワンセットで販売されているものもあります。

見た目的にはちょっと見慣れない感じですが、効果はかなり高く、長時間走りたい方や、サイクリングをされる方によく使われています。

特に首の日焼けを気にする方にはかなり効果が高いのでおすすめです。

その他には脱水症と同じでお水やスポーツドリンクなどの汗となる水分をしっかりと補給することです。

スポーツドリンクやお水を飲むということは、汗となる水分を補給する目的と、水分を飲むことで体温が下がるという効果が期待できます。

熱中症が多い季節にばかり注目されてしまいますが、ランニング中は汗もたくさんかくし、水分は私たち人間にとって必要なものだから常にもっていくぐらいがちょうどいいですね。

もしどうしても水分を持ちたくないなどの理由があるのでしたら、自動販売機やコンビニがあるランニングコースで小銭をもって走ってくださいね。

あくまであなたが熱中症から体を守る意味で自己責任で行ってください。

熱中症対策の基本中の基本は?

そして一番肝心なことであり熱中症にならないための基本は、運動をする時間帯を考えるということです。

日差しが強い時間帯に運動をしては熱中症になる可能性が上がってしまいます。

そうならないためにも日差しが強くない時間帯を選んで運動を行うか、水分の補給がてら木陰などで休憩する事が大事です。

そうすることで日焼けになりにくく運動も出来ますので焼けるのを気にしてしまう方には一石二鳥ではないでしょうか?

具体的には朝方や夕方以降は夏でもひんやりしている時間帯でもあるので熱中症に不安にならずに走りやすいですね。

もし熱中症かな?と思ったら対策方法は?

もし運動中にめまいなどが起きて熱中症かな?と疑ったらまずあなたがとる行動として、

  • 水分の補給をする。
  • 木陰に入ってこれ以上体温を上げない。
  • ランニングウェアを水でぬらしたりするなど身体を冷やすことを優先とする。
  • 頭や首を冷やす

大事な事は身体を一刻も早く冷やすということです。

冷やす順番ですが、頭と首が優先です。その次にワキや足の付け根の鼠径部(そけいぶ)を冷やしましょう。

これらの場所は太い動脈が通っていますので、冷やすことで効率よく体温を下げられます。

そして汗をかくために水分をたくさん飲みましょう。

つぎに体が冷えて、あなたがしっかりと動けるなと感じたら、再び運動を再開してもいいですができれば走りこむのではなく、自宅に帰って休息するのが望ましいです。

基本的な考えは無理はしない、なぜなら翌日回復したらまた走ればいいんですから。

まとめ

熱中症は知っているようで案外知らない、とっても怖い状態です。

ダイエットのコツは運動を続けていくことですので、熱中症にならないことで継続したダイエットができるといえます。

しっかりと予防と対策を行えばかなりなりにくくなるので是非参考にしてください。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク
レク大
レク大
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レク大