雨の日のランニングは休むべき?

_tsuyu_usagiせっかく走る気だったのに雨っていうことはよくありますよね。雨が降ると走るのを休んでしまう方もいますが、結構走っているランナーもいるようです。

しかし、走ることにまだ不慣れな初心者ランナーは雨の日のランニングにリスクがあるといえます。

そのデメリットについて調べてみました。

雨の日はどうしようかなと悩んでいる方にお勧めしたい記事です。

雨の日のランニングのデメリット

雨の日はどうしても走りたくないという気持ちから休みたくなりますよね。

気持ち的にもどうしても沈みがちになります。

夏なら気持ちがいいかもしれないけど雨って綺麗な水ではないし、冬は一気に体が冷えて寒い思いをしますよね。

だけどこの日しか走れないっていうときもありますよね。

だけど、気持ちだけでなく、実際に起こりうる雨の日に走ることでのデメリットについて考えてみました。

雨で滑りやすい

雨が降るとマンホールの上や、道路の白線がとても滑りやすくなります。

また視界も晴れの日に比べて悪くなり足元のコンディションが分かりにくいこともあります。

雨の日に走る事で滑りやすくケガに繋がりやすいこともあります。

ランニングで起こしやすいケガのなかで転倒や捻挫は雨の日に起こしやすいです。

だから継続してコツコツランニングをして痩せたいと思う方は、ケガをするリスクというのは一番大きなデメリットではないでしょうか。

準備に時間がかかる

雨の日に走ろうとするとどうしてもカッパを着たりといつも気軽に準備できるはずが思わぬところで時間がかかってしまうこともあります。

予定がランニングだけならまだしも、通勤前などの時間が迫っているときにはどうしても焦りがちになりますよね。

時間を気にしすぎて焦る事でペースが上がりすぎて疲れてしまったり、疲れから足元が滑りやすくなる可能性もあります。

安全のためにも準備はできるだけ余裕をもってすることで結果的に快適なランニングができるといえます。

【BODYMAKER/ボディメーカー】 ランニングポンチョ AI002
by カエレバ

体調を崩しやすい

雨の日にランニングを行うとカッパなどの雨具をつけていても多少雨に濡れてしまいます。

短時間にうちに戻ればいいですが、長時間ともなると身体が冷えてしまったりと調子を崩しやすい原因となってしまいます。

もし仮にあなたが雨の日にランニングをしたり、またランニング中に予期せぬ雨に遭遇した場合には身体が冷え切らないよう入浴やシャワーを行って下さい。

体調を崩すことでランニングができなくなったり、仕事や生活に影響が出るようなことになれば何のための走っているのか分かりません。

長く続けていくためには無理をしないことです。

シューズの乾燥などのメンテナンスが必要。

ランニングシューズはメンテナンスが必要です。

雨の日にランニングをすることで中敷だけでなくシューズ全体が濡れていまいます。

またシューズの紐も濡れたままの状態ですと硬化したりとダメージを受けてしまいます。

メンテナンスの方法として、雨の日に走った後はまずシューズの紐を全てはずし、シューズ自体の乾燥させましょう。

雨の程度にもよりますがシューズの乾きは時間が必要ですが決して乾燥機に入れるようなことはやめてください

急な熱を浴びる事で最悪の場合シューズが縮んだりソールが変形することもあります。

ランニングシューズにとってソール部分は命ともいえる部分です。

簡単にできる濡れたシューズを乾かす方法

基本はできる限り自然に乾燥をめざし、シューズの中は新聞紙を丸めて入れましょう。

そうすることで早く乾燥することが可能です。

また古いランニングシューズがあるのであれば、それを雨用として使うのもありですね。

ランニングシューズのお手入れや寿命に関しては以下の記事で紹介しています。

ランニングをするときに必ず必要なアイテムといえばランニングシューズです。 案外知らない人が多いのですが、ランニングシュ...

まとめ

大会を目指すランナーですと雨の日の大会を想定してランニングされる方も実際にいます。

しかし私たちはまだまだ初心者ですので安全に長く続けていけるようランニングしていきたいものです。

継続してランニングができることで心肺機能が高まったり、ダイエットに繋がってきます。

まずは私たち初心者の場合はそこを目指していくのがいいでしょう。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク
レク大
レク大
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レク大