夏のランニングは朝に走るのがいい理由

夏のランニングは朝がオススメ

暑い季節ですが頑張ってランニングしていますか?

さすがに暑さに負けて走れない、運動出来ないという人がいてもおかしくない季節ですね。

今回はこの暑い季節に運動をするのであれば朝が断然いい理由をお話ししていきますね。

もし同じ有酸素運動をするのであれば最効率で痩せたいと思う方の参考になる記事です。

夏のダイエットは思うように成功しない?

この夏の暑い季節は普通に生活をしているだけでもたくさん汗が出ますよね。

ただでさえこんな状態なのにランニングやウォーキングを行うと冗談みたいですが滝のように汗が溢れ出てくるんですよね。

私なんてただでさえ、汗っかきなものですからこの夏の時期は本当につらい、グレーのTシャツなんてとてもじゃないけど着れません。

そこで気温も暖かいからランニングも走りやすそうだし、汗も一杯かくだろうからきっと夏の運動は痩せるはずだと思っている人が多いのですが実は間違いなんです。

■関連記事 たくさん汗を出しても痩せるわけではない

なぜ夏のランニングは痩せにくいのか?その理由としては確かに汗をいっぱいかくとその分、身体から水分が抜けて体重が軽くなります。

しかし、人間の身体は汗で出てしまった分の少なくなった水分を補給しようとするため、お水やスポーツドリンクなどを飲むため体重が戻ってしまうのですね。

勘違いしないでほしいのが、汗をかけばお水やドリンクを飲むのが正解です。

プロボクサーの減量期のように飲むのを我慢するのは危険です、素人の場合は脱水症など命にかかわります。

ここでハッキリさせておくこととして、間違いやすいのはダイエットとは汗で痩せるのではなく、脂肪が燃焼して痩せるということです。

そのぶんコツコツと脂肪を燃やせるランニングやウォーキングは有酸素運動として、ダイエットに最適なんですね。

では夏の場合はランニングなどの有酸素運動をどのようにするべきでしょうか、そのコツを紹介します。

夏のランニングを朝にするのがいい理由

こんなに暑くてバテがちな夏ですが、だからといってダイエットをしたい人が有酸素運動を休む必要はありません。

なぜなら、休んだ分はついつい食べてしまったりしませんか?

運動を休んでいる分の消費カロリーがどうしても少なくなってしまい、食欲も変わらないので今まで頑張った消費カロリーを元に戻してしまいがちです。

つまり太ってしまうリバウンドですね。

そこで夏にもダイエットをがんばるぞ!と言うあなたに朝に運動することをオススメします。

朝に運動をすることのメリットとして

  • 比較的日差しが弱く運動がしやすい。
  • 朝の方がランニングコースなどの気温上昇が少ない。
  • 朝の方がダイエット効果が高い。
  • 夏は早起きしやすいため生活リズムを整えやすい。
  • 夏の朝は運動している人も増えるため孤独感が少ない。

以上のことから特に夏の暑い時期のダイエットのための運動は朝がいいといえます。

たしかに夜に走るのも効果的です、朝と違って日焼けをする心配もないし、時間の都合もつけやすいと思います。

だけど問題は、夜の場合、食事の問題だったり、疲れてしまって休んでしまったりとついついさぼりがちになってしまいます。

そういう意味でも朝なら起きてすぐの日課として続けやすいのでお勧めですし冬と違って早起きしやすいのが夏です。

ダイエットのための有酸素運動を成功させるための条件として、コツコツと運動を続けられるということです。

有酸素運動を続けることができれば、そこまで食事に神経質にならなくても運動での消費カロリーがあるためつらい思いをしなくて済みます。

またストイックに短期決戦で痩せたいと思うのであれば、有酸素運動に加えて、食事制限なども入れれば、ライザップのように劇的に痩せることも可能だと言えます。

だからといって、あまり暑い時に運動を頑張っていては続けることが困難あり危険です。

だから比較的涼しく快的な朝に運動をすることが望ましいのです。

また基本的に人間のメカニズム的に、夜よりも朝の方が痩せやすい状況にあります。

これらの条件を利用する事で暑い夏でもより効率、効果的にダイエットが可能なのです。

また早起きが苦手な人でも夏ですと布団から出やすい季節になりますので、この夏の動きやすい時をチャンスだと思って早起きの習慣をつくっていくことをお勧めしたいです。

早起きは三文の徳っていいますよね。

ちなみに三文って今の価値で100円ぐらいだそうです(笑)

まとめ

暑くてバテぎみな夏でもしっかりとダイエットをしていきたいですね。

ダイエットはコツコツとしていくことが望ましいです。

ただし、夏は熱中症や脱水症のリスクが伴いますのでしっかりとあなたが準備をして楽しくストレスなくダイエット成功させてほしいです。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク
レク大
レク大
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レク大