ランニングでお洒落にも機能的にも気を付けたい冬場のウェア事情

ランニングで気を付けたい冬場のウェア事情

だんだんと寒さが強くなってくると、いつまでも薄着で走るというわけにもいかず、しっかりとランニングのときのウェアも防寒対策が必要になってきます。

だけど、ただ厚着をするということだけではランニングをするにあたってマイナスになることもあります。

ではどのような、ランニングウェアにするのがいいのでしょうか?簡単そうで難しい、冬のランニングウェアの厚着事情についてお話しします。

冬のランニングウェアはどんなものがいい?

これからランニングを始めようと考えている方が気になるポイントはランニングウエアではありませんか?

春から夏にかけての温かな季節のウエアのチョイスは通気性や動きやすさと見た目などのデザイン性からお好みで選べますが、冬場の服装にはちょっとしたコツというか注意点があります。

家から出て、走り始めの体が温まるまではしっかりと防寒をすることが望ましく、しっかりと体が温もらないままだと、足の関節や筋肉に負担をかけて結果的にケガをしやすくなります

ランニングでケガをするのは、圧倒的に冬が多いです。

寒いので、身体がしっかりと温まる前に、早く走ってしまおうということでちょっと無茶をしてケガにつながる場合が多いそうです。

ですから冬場のランニングの服装には防寒対策を考えたウェアを用意する必要があります。

寒い冬シーズンを走るために必要なウェアは?

寒い冬を快適に走るためには保温性と通気性・速乾性に優れたアンダーウエアをチョイスしましょう。

例えばコンプレッションウエアなどは優れています。

肌にぴったりと密着する素材で空気が入り込むスペースを消してくれます。

それによって体温が下がることがなく保温されている効果が持続します。

もちろんランニングタイツも同様の機能を持ったものを選んでください。どちらもUVカット・吸汗速乾に優れた素材にすると安心できます。

■関連記事 ランニングタイツは初心者にこそ効果が高いのでオススメ。

そしてお好みのTシャツとハーフパンツを着るとスタイリッシュになります。

またウインドブレーカ―などのジャケットにもこだわりたいところです。これでオシャレなセンスをアピールすると冬場のランニングが楽しくなります。

またネックウォーマーやレッグウォーマーも地味ながら保温効果の高い、冬のランニングにかかせないグッズの一つです。

特にネックウォーマーは喘息もちの方に喉が冷えないということで発作防止に有効です。

首って結構すき間風が入ってつらいんですよね。

だからネックウォーマーがあれば風も入らず、保温効果も高いし、暑くなったら簡単に脱げて小さくしてポケットなり、ポーチに入れれるのでお勧めです。

また寒くて耳が痛い場合などの対策もしておくとずいぶんと楽に走ることが出来ますね。

■関連記事 冬のランニングの耳の痛みはどうしてなる?その対策法は?

そしてランニングには密着性の高いリュックかウエストポーチを携帯して、体温の状態に応じて着ているものを調整する事も大事なポイントです。

あと指先は冷たくなりやすいので手袋は必需品ですよね。

ランニングアイテムは普段使いのものでも代用が効きますがスポーツメーカーのものであれば保温性だけでなく機能性もいいため個人的には新たに購入することをお勧めしたいです。

また汗もかくため耐久性に優れたものもいいですね。

ランニンググッズで「これといって好きなスポーツブランドはないけど効果のあるアイテムがほしい」という場合は、Phenix Online Store フェニックスオンライン ストア 公式通販サイトでランニングアイテムをチェックしてみてはどうでしょう?

Phenix、Kappa、Inhabitantブランドの製品がメーカー公式サイトなのでかなり安く購入出来たり、アウトレット価格でも提供されていることもポイントが高いです。

アマゾンや楽天以外でランニングウェアを探してみたい場合は個人的にコストパフォーマンスを考えればおすすめできます。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク
レク大
レク大
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レク大