寒い冬のランニングがダイエット効果が高いのはなぜ?

ダイエット効果の高い冬場のランニング

寒い冬は出来るだけ外に出ずに、自宅でゆっくりとしたいものですよね?

私もそうなんです!本当この寒い季節走るの嫌なんですよね。

だけどこの寒い冬にでも運動をして痩せていくためには、何か自分にとって都合のいいことを知っておかないとやる気っておきないもんなんです。

だからこそこの寒い冬に走る事の大きなメリットを紹介します!

私と同じように寒くなると急に走る気が起きないあなたにぜひ読んでほしいです。

寒い冬を走れるように!

寒くて辛いけど、冬のランニングにはメリットがいっぱいです。

注目なのが夏よりも冬場のランニングの方がダイエット効果が高いと言う事です。

生活環境の気温が低いほど人間は体温を一定に保つのにエネルギーを使うため、寒い冬場の方が基礎代謝は上がります。

つまり、同じ冬でも寒い外にいるのと、暖かい家の中でいるのとでは基礎代謝が違います。

分かりやすく言うと、冬に限っては暖かい家の中にいるよりも、寒い外にいる方が痩せやすいということです。

だから、寒くても我慢して有酸素運動をすれば、脂肪燃焼効率が高まりダイエットには効果的なんですね。

反対に、夏のようなとっても暑い中でのランニングは脱水症や熱中症の危険性もありますし、すぐに体力を消費してしまい結果的に疲れてただ汗をかいただけで終わってしまう事もあります。

そういう意味では冬は寒いけど運動を安全に行いやすい季節でもあるんですね。

だから冬場はマラソン大会などのイベントも多いので、ちょっと走り慣れてきたかなと感じたら参加してみると楽しみややる気がアップするのでおすすめです。

ウェアで体型を隠して走ることが出来る

そして冬場はオシャレなランニングウェアを着て楽しめるメリットもあります。

ちょっと自分の体形が気になる方でも、体型を隠すウエアで人の目を気にせずランニングができるのです。

どうしても夏は、半そでだったり、タイトなウェアが多いので体形を隠すことができずに走るのをためらったり、あえて夜に走っていたかもしれませんね。

また女性の場合だと、大き目のウインドブレーカーなどを着れば、胸も隠すことができるので、男性の目が気になっていたり、胸の揺れを見せないことも可能です。

冬場のランニングを効果的に走るには

そこで冬場のランニングをより効果的にするために出来る方法があります。

それは走る前に筋肉を温めておく事です。

筋肉を温めておくことで脂肪をより燃焼させやすくする効果と筋肉を痛めにくいという効果が期待できます。

夏場ではそこまで重要視されていませんが、冬の場合は柔軟体操を含めたウォームアップを行うことをおすすめします。

だけど私たちランニング初心者は柔軟体操と言っても、やり方やコツがわからないので体を一通り動かすという意味でラジオ体操でも問題ありません。

また定期的に行っておくと良いのは、腹筋や背筋のトレーニングです。

いわゆる体幹を鍛えることですが、体幹がしっかりしてくると走るフォームも安定し怪我や故障の予防になるので効果が高いトレーニングです。

また一緒に走る人がいるのであれば、おしゃべりができるスピードで走るとダイエット効果も高まります。

脂肪燃焼に効果的な心拍数は65回/分までだそうです。

一緒に走る人がいればぜひ試してみたいですね。

おしゃべりしながら走るスピードがその範囲に当てはまります。

この状態で30分程度ランニングすると効果が出てきます。

このおしゃべりできるランニング方法というのはスロージョギングとも同じです。

スロージョギングについては以下の記事で紹介していますので、気になる方は参考にしてください。

■関連記事 ダイエット効果が上がって脂肪が燃えるスロージョギングを取り入れよう。

まとめ

冬場は寒いのでどうしても走る気が起きなくてどんどん太ってしまうような気がすると思います。

だけどこのような悩みは一度走ると解消するため冬に走ることがあなたにとっていいことだと分かっておくことが大事ですね。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク
レク大
レク大
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レク大