ランニングでダイエットしながら細マッチョになれる?

ランニングをたのしむための筋肉トレーニングに必要な場所

ランニングでダイエットしてかっこいい細マッチョになってみたい!って思ってませんか?

ダイエットに成功したら今度は筋トレして……と考えている方も多いと思いますが、ランニングでダイエットと、身体を大きくすることが一緒に出来るんですよ。

男性であればかっこいい細マッチョを目指したい、女性であれば体幹がきれいな身体を手に入れたいと思っているひともいるはず。

そんなあなたにダイエットと筋トレを一緒に行っていくための方法を紹介します。

ランニングに筋肉は必要?

ランニングはダイエットの効果だけでなく、健康の維持が得られるようにするための筋肉量を確保する適切な有酸素運動と言われています。

しかし、よりレベルの高いランニングを目指す方はそれに見合った筋肉に鍛える必要があるでしょう。

レベルの高いというのは表現的にいろいろあると思いますが、今よりももっと早く走りたい、本格的にマラソンを走りたいと思うなどのスピードを求めた場合のみだといえます。

距離に関しては、ランニングを続けていくことで少しずつ体力もついてくるのでコツコツと頑張れば、はじめは1㎞しか走れない人でもやがてフルマラソンも可能になります。

ですのでここではスピードに限ってのお話をします。

勘違いしやすいことで、筋肉を鍛えるときくとマッチョなイメージをするかもしれませんが、マラソン選手のようにムキムキにならないところがランニングで使う筋肉なんですね。

いわゆる細マッチョの体格ですね。

そこでランニングで筋肉をつけるメリットをいうと、

  • 筋肉量が増えることによる代謝アップになるのでダイエット効果がアップ
  • 筋肉が強くなることによる怪我の予防
  • 筋肉が強くなると跳ねる力も上がるのでより早く走ることができる
  • マッチョのように太い筋肉にならず細いけど強い筋肉になる(細マッチョ)

もしあなたが筋肉トレーニングをしたいなと思った場合に必要な場所は自宅でも十分にできますが、効率よく行いたいのならばトレーニングジムを利用する事ができます。

また普段運動不足の方でも、長距離のランニングやマラソンを楽しみたいと考えている方には定期的な筋肉トレーニングを行う方が良い結果が得られるでしょう。

ただし女性の場合はホルモンバランスの関係があり、男性のようなマッチョ体形になるのには相当な筋トレが必要になります。

女性に限ってはランニングなどで頑張っても筋肉は付きにくく、逆に手足が細くなる、体幹がきれいに見える体に変化してきます。

ランニングで痩せながら筋トレは可能?

ランニングを始めたばかりのころでは1kmでも走りきるのに充分な筋力がない方もいます。

そこで諦めてしまう方もいますが、走るのと同時に多少の筋力アップはランニングを楽しむコツで、歩くことでも持久力がついてくるのでやがてたくさんの距離を走ることもできます。

例えばより長い距離を走ることが出来たり、今よりも筋肉痛や疲れが速く回復する効果が期待できます

また走り慣れてくるとだんだんと運動する時間も増えるし、距離も増えます。

そうするとランニングは全身運動なので全身にバランスよく筋肉への刺激が送られるようになります。

ランニングをしながら細マッチョ体形を目指したい場合は

がっちりとしたマッチョ体形を目指すのではなく、流行りの細マッチョ体形であればランニングをしながらでも十分目指せます。

ランニングもマラソンと同じでランナー体形は少しトレーニングをすれば身体を変化させることも可能です。

最も効果が高いのは加圧トレーニングです。

専用のグッズとノウハウを学ぶ必要がありますが、身に付ければいつでもどこでもひとりで行える便利なトレーニングになります。

ただし道具をそろえるだけで結構な費用が掛かるし、コツを習得するまでには失敗や時間も必要になってきます。

加圧トレーニングはそのような苦労もありますが、最近では着るだけで加圧効果のあるTシャツが販売されています。

>>着てるだけでボクサー腹が作れる某タレント愛用の金剛筋シャツはこちら

本格的なトレーニングよりは効果が落ちるとおもいますが、着ているだけで加圧トレーニングの効果と脂肪燃焼効果があるというのは魅力的です。

また着ていると加圧効果により体格がひき締まるのでお腹がポッコリしている場合にも隠すことができるので体形を見せたくないときにおすすめできます。

ランニング時のウェアとしてや日頃のシャツなどの着ている時間が長ければより効果が高いのでランニングのプラスアルファの効果として利用してみるのもいいですね。

>>金剛筋シャツの口コミを見てみる。

生活しながら簡単に筋トレをしたい方は

またスクワットは足腰の関節周辺の筋肉を鍛えるのに効果的です。

上半身であれば腕立て伏せもきっちり行えば胸・背中としっかり刺激を与えられます。

ハードなスクワットが苦手という方でも、お尻を膝より下には落とさない軽いスクワットならやり易いです。

もちろん効率よく筋力アップと基礎代謝のアップが見込めます。

また柔軟な体と粘り強い筋肉を鍛えるためのストレッチ体操も良いかもしれません。

ランニングを長く続ける為にあらかじめ十分な筋肉量を得ておくのも有効なポイントになります。

筋力アップを効率良くするための栄養は?

筋力アップのための栄養といえばお肉を代表とするたんぱく質。これは間違いないです。

ただし筋肉をつけるためのたんぱく質は日常生活でちょっと意識しながらとっていかないとやや少ない傾向にあります。

また必要量を摂ろうと思うと、カロリーが増えてしまうので何のためにランニングでダイエットをしているのかわからなくなる場合もあります。

こう考えるとダイエットと筋トレは両立できないと思うかもしれませんがそれは間違いです。

なぜなら、たんぱく質を食事から摂る以外にプロテインなどの健康食品からとることができるからです。

プロテインであれば必要量以上をとってもカロリーは少ないのでダイエットにも有効です。

もちろんプロテインも人気ですが、2017年ころからプロテインに変わるHMBサプリが注目を集めています。

HMBサプリはプロテインと同じたんぱく質ですが、たんぱく質量が多いためより効率よく筋力アップできます。

細マッチョで有名なGACKTさんも使用中ということで人気はもちろん注目を集めているメタルマッスルHMB、口コミなどは公式サイトでチェックしてみてくださいね。

メタルマッスルHMBお試し500円はこちら

(500円キャンペーンが終了していたらごめんなさい)

まとめ

ダイエット目的でランニングを始めた方でもそこまで気にして筋トレをする必要はありませんが、細マッチョ体形を目指したり、趣味としてマラソン大会でも出ようかなと思う方は筋トレを行なって身体を強くすることをオススメします。

筋トレを行なって筋肉が増えれば基礎代謝が良くなって痩せやすい身体になったり、怪我の回復が早くなる効果もあるので初心者に無駄というものでもありません。

また体が強くなれば異性や同性からも「変わったね」と言われますよね。

あなたの目標に合わせて筋トレをやっていくことを考えてもらえば悩まないで済むはずです。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク
レク大
レク大
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レク大