ランニングをするなら朝と夜どっちがダイエットに効率的?

vacation_sunsetランニングをする方を大きく分けると朝派と夜派に分かれます。

朝派、夜派の方々はそれぞれに対してメリットを感じているはずですが一体どのようなものがあるのでしょうか?

ちなみにあなたはどっちですか?

私はいまのところ朝派です!

走るなら絶対気になる朝にランニングをするか夜にランニングをするか。

それぞれ走るなら朝派、夜派、またはいつでも走れるという方がおられますが、今回は朝派、夜派のメリットに絞って紹介します。

もしどちらにしようかと悩まれていたら参考にしてください。

走るなら朝派!のメリット

朝に走ることであなたが得られるメリットを紹介していきます。

運動後の脂肪燃焼効果が長時間続く。

実はこれが最大のメリットかもしれません。

まずは、ランニングをすることで身体が体脂肪の燃焼モードにスイッチを入れてくれます。

これに関しては朝に走っても、夜に走っても脂肪の燃焼ができます。

しかし朝のランニングに限ってはランニング後も仕事や日常生活など起きている状態が続くため、その脂肪燃焼効果が長時間続くそうです。

つまり夜と同じ距離、同じペースで走ったとしても脂肪燃焼の効果が長く持続するということです。

身体に蓄積した糖をエネルギーに変えてくれる。

私たちは寝ている間も身体は活動をしていますし、睡眠をしている間も胃や腸は動いていますので、胃の中や血管の中は比較的余分な物がありません。

つまり寝ている間は数時間、食事をとっていない状態なので血液内に糖分などの太る要素が少ないということです。

ランニングを含め運動をするということは体の中の栄養素を燃やしてエネルギーに変えて動力とします。

朝起きてすぐのランニングの場合は、血液内に燃やすエネルギーが不足している状態ですが、先ほど説明したように運動をするためにエネルギーが必要になります。

そのエネルギーをどこから調達するか?

走るためのエネルギーの調達方法はあなたの脂肪を燃やしたり、昨日に食事などで摂った余分な糖をエネルギーとして効率よく変えてくれるのです。

ですので朝に走る事で身体に蓄積された余分なものを優先的にエネルギーとして使ってくれるのです。

どうせ走るなら脂肪燃焼効果の高いときやダイエット効率が良い時を狙いたいですよね。 実は朝食前に運動をするとダイエットに効果的だ...

つまり朝のランニングの方がダイエット効率が夜より高くなるということですね。

朝に運動をしている人が多いためモチベーションの維持に繋がる。

朝の時間帯は明るく、見通しも良いためランニングだけでなくウォーキングも含めて運動をしている方が多いのが特徴です。

同じく運動をしている方が多いとコミュニケーションを取るきっかけになったり、他のランナーを見る事であなた自体に刺激となります。

ついつい早起きが辛くてサボりがちになっても刺激を受けることでまた頑張ろうという気持ちになれますよね。

またあってはならないでほしいことですが、もしあなたがランニング中に何か問題が起きて倒れてしまった場合でも、朝のランニングで人が通れば気づいてもらえるということです。

たとえば心臓の病気で心筋梗塞などの持病がある方はできるだけ朝に走ることで、もしもの時のために命広いするかもしれません。

脅かすようで申し訳ありませんが、それだけ人に気づいてもらえるということが大きなメリットになります。

走るなら夜派のメリット

夜にランニングをする方もここ最近では増加中です。

やはり朝は忙しかったり、もう少し眠りたかったりと体調を整える意味でも大事ですよね。

では夜に走ることのメリットを紹介します。

仕事や予定があっても時間の都合が付けやすい

仕事や予定がある場合ですと、なかなか朝に起きるのが難しかったり、辛かったりと運動を続けて行く事に難しい状態となりやすいです。

そうなるとだんだんと走る機会が減ってきて、ズルズルと運動をする習慣がなくなったりすることもあるんですよね。

夜は仕事や家事がある方でも比較的都合が付けやすい時間帯ともいえます。

ですので早起きの辛さもなくマイペースに運動が出来るといえるでしょう。

季節によってはいい気候で運動が出来る。

夏場は朝や日中ですととてもじゃないですが暑くて走れません。

また日射病などの対策にも気を使わないといけません。

特に夏の季節は夜だと熱射病の心配も無く比較的快適にランニングができやすい環境と言えます。

女性の方はランニングをしたいけど日焼けも心配という方も多いです。

もし夜に走ることができれば日焼けをする心配は一切ないので安心して走ることができますね。

良質な睡眠がしっかりとれるようになる

夜に運動やランニングをすれば、そのままお風呂に入って少し休憩してから眠ることもできますよね。

ほどよい運動は眠気を誘うし、ランニングでの疲労感も心地よい休息の要因になります。

だからもし、なかなか寝付けない、眠る前には睡眠薬や寝酒を飲んでいるという方がいれば夜にランニングをすることで今より寝付きやすくなるかもしれません

お酒や睡眠薬も肝臓を傷める原因になるし、依存性が高くなると、いざやめるときに相当苦労しますのでなにかのきっかけでやめてみるならチャンスかもしれません。

食欲を抑えることができる

仕事などの都合で夜にランニングする方で気になるのがいつ食事を食べたらいいのか?についてですが、答えを言うとどちらでも問題はないけど食べずに走る方がダイエット効果が高いです。

これは朝のランニングと同じで空腹時間が長いため昼に食べた糖分などの栄養素を吸収している状態なので脂肪が燃えやすくなります。

またランニングをしたあとは誰しも水分は受け付けるけど、走ることで胃が動いて「食事は無理」という状態になります。

このままシャワーや入浴をして眠ることが出来れば一番ダイエット効率が高いのですが、時間の経過とともにお腹が空いてくることもあります。

運動や食事制限のダイエットを頑張って失敗する大きな理由として、食欲を我慢できずに食べすぎてしまう、ダイエットの大敵「過食」と言うもの...

注意してほしいのがダイエットを中心に走ることを考えると、お腹がすいていても痩せるために食事を我慢したり、水だけでごまかしたりしていませんか?

ダイエットを始める人で一番多いのが【食事制限】のダイエットです。たしかに分かりやすくて手っ取り早く見えますが、ご存知の通り一番失敗し...

そのようなことはダイエットにはいいかもしれませんがカラダには危険です。低血糖などの危険性もあります。

だから最低限でも栄養素を補給しましょう。

生活スタイルであったり、夜の方が走りやすいなどの理由で夜にランニングをされる方も多いですね。 気になるのが夜は...

まとめ

朝派と夜派を調べてみました。いかがでしたでしょうか?

朝派ランナーは脂肪燃焼効果を含めたダイエット効果が高い印象でした。

また夜派ランナーは快適にランニングができるので負担のない続けやすい環境であると知る事ができました。

どちらも効果的なことには変わりありません。

しかし、実際にはあなたの生活環境や仕事または家庭の都合など考慮してみるといいでしょう。

ちなみに私、管理人は朝派です。

朝に走るために早起きも始めました(笑)

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク
レク大
レク大
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レク大