ランニングの疲れを素早く回復するための3つの基本

1日でも早くランニングの疲れを取るためのコツ

ランニングはダイエットだけでなく、アンチエイジング効果や健康効果も高いのでついつい頑張り過ぎてしまって逆に疲れちゃったってことはありませんか?

ランニングはダイエットの観点から1回を頑張りすぎるよりも、コツコツと回数を頑張ったほうが確実に効果は上ですので毎日継続して続けたいものです。

そのためにやっておいたほうがいい運動での疲労を取るコツを紹介します。

ランニングをするとどうにも疲れがたまりやすいという方の参考になれば嬉しいです。

睡眠をしっかりとることの大切さ

睡眠時間がどれだけいいのかに関しては個人の生活やサイクルが関係していますが、一つだけ言えることは疲労回復のためには睡眠時間はしっかりと取ったほうがいいということです。

人間の体は睡眠中に疲労を回復するだけでなく、運動で刺激した筋肉や興奮した神経を回復させてくれます。

また成長期の年齢だと睡眠中は骨の発育にも関係するためこの時期の睡眠がいかに大切なのかがわかります。

体の機能の回復だけでなく、脳を休める効果もあるため睡眠というのはとても大事です。

あくまで目安ですが、睡眠時間が足りているのか、足りていないのかについては目が覚めてしばらくしてから疲労が抜けているのかが目安になります。

その理由は人それぞれの睡眠時間が違うからです。

だから他の人が7時間寝ていると言っていても、あなたが睡眠時間5時間ですっきりとしていればそれはそれで問題がないのです。

だけど、起きてしばらくしても体の疲れが抜けない、なんだかだるい感じがするようだと睡眠は不足していると考えていいでしょう。

そういう場合は、早く寝るようにしたり、枕を変えてみるなど生活の調整をしてみましょう。

また、寝酒を飲む方は、注意が必要です。

寝る前のアルコールは眠りを浅くする効果があるので途中で目が覚めたり、寝たのに疲れが取れないなんてこともよくあります。

いきなり寝酒を止めるというのは難しいかもしれませんが、少しずつ量を減らしてみてはいかがでしょうか?

シャワーよりも入浴が効果的

ランニング後は暑いから入浴よりもシャワーのほうがいいという人が最近では増えてきています。

たしかにシャワーだと手軽に準備も必要なく、すぐに済みますが、疲労の回復効果と考えるとあまり効果がありません。

お風呂に浸かることで水圧が体にマッサージ効果をもたらせてくれます。この水圧の効果が筋肉の疲労に効果ありです。

そのほかには入浴をすることでのリラックス効果が挙げられます。

リラックスをすることで自然と体の力が抜けることで緊張をほぐすことも可能だし、入浴剤を利用することでさらに香りや成分で効果が高まりますね。

入浴によって体がぬくもり、マッサージ効果を実感すると不思議と眠気も起こるため心地よい睡眠も得られるはずです。

栄養補給を行う

栄養補給というと栄養ドリンクなどをイメージする方がいますが、体を休めることに関しては栄養ドリンクはおすすめできません。

その理由としては、栄養ドリンクはカフェインが入っているため眠気を起こらなくして睡眠が得られなくなるからです。

こういうときにオススメなのがプロテインや酵素ドリンクです。
プロテインは筋肉を修復するために必要なたんぱく質を効率よく吸収できるため、疲労回復だけでなく筋肉量のアップにつながります。

筋肉の量が増えれば基礎代謝が上がるので、何もしなくても今より痩せやすい体になるといっても間違いではありません。

また筋肉の量が増えるというと女性の方は足が太くなるんじゃない?なんて心配されると思いますがそれは大丈夫です。

ランニングで鍛えられる筋肉はインナーマッスルがほとんどですが男性の場合は細くてもムキムキではなく体幹がしっかりとした筋肉がつく細マッチョ体形になりやすいです。

どちらかというと筋肉の繊維がしっかりしてくるというイメージなのでボディービルダーのようなムキムキになるという心配はないです。

また女性は男性よりもホルモンのバランスで筋肉が発達、または盛り上がりにくいのでそこまでマッチョのような体になる心配は必要はありません。

最近ではプロテインよりもたんぱく質量が多いHMBサプリが取り上げられて人気です。

タレントのGACKTさんも愛用しているメタルマッスルHMBは特に使いやすく買いやすいという口コミで人気です。

次に、酵素ドリンクですが、置き換えダイエットって言われたり、ファスティング(プチ断食)のイメージがありますが、必要な栄養素を低カロリーで体に取り込むことができるので運動後の栄養補給に最適といえます。

栄養に関しては本当であれば食事で補うのが一番なんですが、たくさん食事を食べるとそれだけでせっかくのランニングで消費したカロリーが無駄になってしまうところが難しいのです。

またランニングをしながら食事量を減らしてダイエットしたい場合、酵素ドリンクであれば必要なミネラルやビタミンをしっかりとることができます。

だから、よくある「ダイエットしたせいで肌がボロボロになった」ということや「ダイエット始めるとすぐに風邪をひいた」なんてこともなくなります。

ですのでこのような補給食で取り入れることをオススメします。

まとめ

ランニングで疲れた体を早く回復させる方法として、

  1. 睡眠
  2. 入浴
  3. 栄養

を紹介しました。

これらは、運動やスポーツトレーナーの指導の基本であり内容さえ知っていれば初心者でも行うことができます。

基本的なことをしっかりとしておくことで毎日ランニングも続けることができるのでよりダイエットや健康効果を高めることができます。

とりあえずやれそうなものからやってみませんか?

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク
レク大
レク大
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レク大