ウォーキングからランニングへの移行の目安について

walk_womanこのブログではランニング初心者の方にはまずウォーキングから始めて下さいとお願いしています。

実際にウォーキングを始められましたか?

いかがでしたか?もしかして「そろそろランニングしようかな」とお考えですか?

そんなあなたにウォーキングからランニングへの移行の目安についてお伝えします。

これが出来たらそろそろウォーキングを卒業してランニングをしよう。

そろそろ走りたいなと考えているあなたからすればいつまでウォーキングしたらいんだろうと少し疑問に思いませんか?

実際にどれぐらい歩かれたでしょうか?

足などに痛みはありませんか?

ウォーキングからランニングへこれから移行する一つの目安として、

早歩き程度のウォーキングで問題なく1時間程度歩けるようになれば大丈夫だと考えています。

なぜ1時間程度も歩けないといけないのか、その理由を説明します。

なぜ1時間程度のウォーキングが出来ないといけないのか

1時間というウォーキング時間が長いイメージがありませんか?

ウォーキングでの目安として1kmを10分で歩くのを目標にする方が多いそうです。

イメージしずらい方は少し早歩きで歩いているイメージをしてください。

これの場合をあてはめてみるとウォーキングの場合、1時間に6kmということになります。

今まで運動から離れられていた方からすれば6kmも歩くというのはかなり負担になるのかもしれません。

例えば、

  • 1時間も歩くとなると足の筋力も使うため疲労感もでてきます。
  • 姿勢よく歩こうとすると腰や背中に緊張感を感じるでしょう、また腹筋も筋肉痛になります。
  • 歩くのも後半になると足を上げるのに疲れてきてつまづいたりします。

ですがウォーキングからランニングへ移行するとなると走れる体力も足の筋力も必要になってきます。

だからあなたが急に走り出して、ケガや大きな疲労感を感じてせっかくの気持ちを無駄にしないための目安です。

また1時間歩き続けようと思うとそれなりに運動しないといけません。

そうすることで運動をするというすばらしい習慣があなたに身についてきますので運動を続けるということへのハードルが低くなります

以前記事にしましたが、ランニングの目的がダイエットの場合ですと脂肪の燃焼効果効率がランニングで最もよくなるのは20分以上走るということでした。

「最近太ってきて・・」なんておもいつつもそのままにしておいた結果、知り合いから「太った?」って言われたり、会社の健康診断などで肥満と...

実際に走られた方なら気づかれると思いますが、慣れないうちはおそらく自分のペースもわからず2~3分でヘトヘトになってしまうでしょう。

しかしそういうときこそ、スピードは落ちてしまいますが今まで頑張ってきた早歩き気味のウォーキングに切り替える事でより脂肪燃焼やダイエットにつながることになるのです。

走ってバテてしまっても止まらずにウォーキングが20分はできる

それが出来る体力や筋力は始めの基礎とも言えるウォーキングで身に付けておきたいですね。

実際これがあるのと、ないのとでは全く違ってきます。

まだまだの状態でいきなり頑張りすぎると、ひどく疲れちゃったり、ケガをしてしまったりして走ること自体が嫌になってしまうって方が本当に多いんです。

それってちょっとどころか、かなりもったいなくないですか?

まとめ

このブログのいろんな記事でも書いていますが初心者のあいだは焦って色々と無理をしないほうがいいです。

「走って早く痩せたい!」と思ってもあなたの基礎体力や筋力とあらかじめ相談しておかないと無理をする原因となってしまいます。

無理をする事でケガとなってしまったり、休養が長くなると走る気持ちがドンドン冷めてしまいませんか?

今回、目安を記事にしましたがくれぐれもあなたの体力や気持ちと相談して決めて下さいね。

何事も基礎は大事ですよね。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク
レク大
レク大
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レク大